2000/06/01

ヘリコプター?

タワー・レコード渋谷へ行く。あちこちで話題のゴドフスキーでも買おうと思ったが、手に取ってみると、なんだかなあーと思ってしまう(いまいち買いたい気がしない)。で、ちょっと現代音楽のコーナーへ行くと、シュトックハウゼンの『ヘリコプター』のアルディッティ・カルテット盤が試聴できるようになっていた。そういえば来日していたんだっけ、アルディッティ。
ちなみにシュトック爺さんが自分のレーベルから出した『ヘリコプター』は、40分ぐらいの曲1曲にもかかわらず、1万円以上!もした。アルディッティは2千円ちょっとだから、普通の値段だ。
試聴してみると・・・・(オランダ空軍の協力による)ヘリコプターのプロペラの音がガタガタ鳴って、そこに弦楽器が絡んでいく──それだけだ。もちろん解説なんか読めば、音楽の「仕掛け」や「仕組み」、そして「作曲家の意図」がつかめるのだろうが、そこまでシュトック爺さんには入れ込んでいないので、これにて終了。(ここだけの話、やっぱりこの爺さん、最近血迷っている)

それで、結局買ったのは、ヨッフム指揮、ドレスデン国立管弦楽団によるブルックナーの8番9番(EMI dobule forte)。早速聴いてみたら、予想より激しくて豪快だった。




2000/05/30

24時間営業のシェフズ・ガーデン

午前10時45分。モーニング・セットを昼食として食う。目玉焼きは2個。パンもうまい。『シェフズ・ガーデン』にて。


2000/05/29

デュランデュランのスキン

またまたブラウザーが面白い。Windows版より約1年遅れだけど、Mac版のIE5はかなりいいらしい(どう、Macユーザー?)。スタイルシートもかなり良く解釈出来るんだよね。本家のWindows版よりも(いまのところ)優れているらしい。
あと月刊アスキーとインターネット・マガジンを読んでいたら、ネットスケープ6(プレビュー版)も結構良さそうだなあ。実はオレ、ネットスケープってもう見捨てていたんだよね。ネスケ(ヴァージョン4)って何しろスタイルシートがバカだし、BLINKタグなんていう目障りなものがまだあったり、やたらプラグ・インで「継ぎ接ぎ」して苦しそうだし。はっきり言ってヴァージョン4の段階でIEに(機能的に)負けてる。IEのヴァージョン5が出てからは、ネスケを使う理由がないもんね。それにHPを作る方にとっては、IEのほうがずっと魅力的。IE5のXMLベクターグラフィックのサポートはいち早く最新の技術を試せるし、HTML+TIMEはJavaスクリプトよりもコーディングが簡単でかなり思いきったことが出来る。なによりも気に入っているのはIEの4,5のフィルター効果。これがあれば、画像だけでなくエレメントまで「透過」することが出来る。
でも、今度のネットスケープ6は、スタイルシートも確実に解釈できるようだし、XMLもサポートするらしい。なんでもGeckoとうエンジンが活躍するらしい。ちょっとプレビュー版で試して、面白かったらネスケ6対応ページも作ってみたい。
あとOperaっていう「孤高」のブラウザーも、暇があったら(日本語が対応できたら)遊んでみよう。
でもやっぱり本命はIE5.5かな。数ヶ月前からインターネット・マガジンで紹介されていた機能も興味深く読んでいたけど、やっぱり「日本語縦書き」サポートはすごい。IE5から使える「ルビ」と合わせて、かなり日本語環境が整ったと見る。

そうそう、IEを使っているなら、もうスキンはしているよね。最近デュランデュランのスキンを見付けて早速、「被せて」みました。


TOP PAGE