2000/07/02 

ジョブズVS ゲイツ

シェア的には圧倒的に差があるのに、「声の大きなユーザー」が多いためか、意外にMacの人(特にゲイサイトでは)が目に付く。まあオレはクリエイティブでもないし、パソコンに合わせて部屋をコーディネイトするセンスもないのでMacとはこれからも縁がないだろう。
って実を言うと、MSファンなんだよね、オレは。ビル・ゲイツもそんなにイケなくもないし(メガネがポイントか)、若いころ交通事故を犯したときの MUG PIC も悪くない。

それで一部のコンピューター雑誌でも紹介された『バトルオブシリコンバレー』(シリコンバレーの海賊たち)がいよいよレンタル開始になる。これはアップルのスティーブ・ジョブズMSのビル・ゲイツを主人公とした業界ドラマで、二人の有名なサクセス・ストーリーやゴシップ的なエピソードをほぼ忠実に再現している。ジョブズを演じるのは「ER緊急救命室」でカーター役を務めるノア・ワイリー。これも話題の一つかもしれない。ゲイツ演じるアンソニー・マイケル・ホールについては全く知らないが、ビデオの写真をみると、ビル・ゲイツそっくり!しかも仕草やクセまでもキチンと真似ているようだ。
Windows がマネたとされるアップルの(洗練された) GUI も、もとは、ゼロックスのパロアルト・リサーチ・センター(PARC)のものだったとか、二人のネガティブな面も(ほとんと周知だが)もしっかり描かれているらしい。
これは見なくては!

どうでもいいけど、ウィンドウズ・メディアプレイヤーの音はいいね。


2000/06/023 

JSショー

すげえよ、この番組。木曜日の深夜(金曜日の午前一時)にテレビ朝日で放映している「JSショー」っていうアメリカのテレビに最近ハマっている。日本でも以前ヤッていた、三角関係を扱ったバラエティ番組なんだが、そこはアメリカ、迫力が違う。出演者は、顔を隠すことなんてしないで、堂々とハデな出で立ちで登場。女同士で罵りあったり、殴りかかったり、それを観客が煽ったり・・・いやはや、スゴイ!
この日も男をめぐる女二人の争いが壮絶。

「この淫乱女!」
「彼女は誰とでも寝るのよ!!」(数回繰り返し)
出演者の一人の女性が椅子を持ってもう一人の女に殴り掛かろうとして、スタッフに止められたり。
いやー、熱い。やっぱりたくさん肉食ったら、あれぐらい騒がないとね。

番組が終わってからのカイヤのたどたどしい解説もなんかいい。
でも「この女は誰とでも寝るのよ」っていうセリフ。ちょっとグサってきたなあ。



TOP PAGE