Talented Mr.Ripleys (backpage)  /  TOP PAGE  /  はてなダイアリー(稼働中)



# 150  【アデン・アラビア】 2001/11/22 23:38 返信する
From:HODGE 
--------------------------------------------------------------------------------

>Lullさん、こんにちは
お、いろいろと嬉しい書きこみが!!! Lullさんはアート関係もイケますね。

『アデン・アラビア』って書き出しがすごくかっこいいですよね。
「ぼくは二十歳だった。それがひとの一生でいちばん美しい年齢だなどとだれにも言わせまい」とか。この人、かなり激烈な口調ですね。『番犬』なんかもそうかな。
『アデン・アラビア』って映画にもなっているんですか。

生チャタトンというとテイトギャラリーですか。僕も一度だけ行ったことがあるんですが、やっぱりここではミレイの「オフィーリア」とダリの「ナルシスの変容」に圧倒されましたね。あとフランシス・ベーコンも不気味だけど強烈でした。
僕もラファエル前派では、バーン・ジョーンズが一番好きかな。
レーニが表紙の「剣と寒紅」って確か回収されてしまったんですよね。この本についてはどこかで浅田彰がこの人の作品は同性愛を「矮小化」しているようなことを書いてあったのを読んだぐらいですかね。
ペルジーノの聖セバスティアヌスはまあまあかな。やっぱりソドマはエロティックですよね。あとアントネッロ・ダ・メッシーナもあまり苦しそうではなくて、いい感じです。ブーグローは見たことがないんですけど、気になりますね。今思い立ったのですが、「聖セバスティアヌス・コレクション」でもやろうかな。
「万華鏡」の絵はたしか・・・トリオゾンだと思うのですが、僕もちょっとスキャンした絵葉書が見当たらなくて。
ポップスは、僕の好みが「エレ・ポップ」なので、ジャパンとか、デペッシュ・モードとかそんなのばかりかも。何か面白いのがあったら教えてくださいね。

>ヴィンケルマン
は僕は詳しくないので、わかる方、ご教授お願いします。




Male   ゲイ       ジュード・ロウ
 

# 149  【ホラーの話題になると・・・】 2001/11/22 22:17 返信する
From:Eddie 
--------------------------------------------------------------------------------

現れてしまう自分が怖い(^^;

>Hermit様。
ども、はじめまして。
遊星からの物体Xは、凄い映画でした。
当時中学生だった僕は、あのSFXの凄さに、恐れをなしながらも、
ある種の感動を抱いていました。
エイリアンばかりが傑作と呼ばれていますが、
こちらもSF映画として、もっと語られていい映画だと思います。

>しーほーく様。
遊星からの物体Xは、ジョン・カーペンターですよ!!
"ハロウィン""マウス・オブ・マッドネス""光る眼"
"ゼイリブ""パラダイム""ゴースト・ハンターズ"
"透明人間""ヴァンパイア最期の聖戦""ザ・フォッグ"
"エスケープ・フロム・LA""ニューヨーク1997"など
言った所を監督してる、ホラー映画専門の監督です。
うちにDVDありますので、今度オーガズモと交換で、
お貸しいたしますよ。是非観てくださいな。

じゃ、そゆ事で。

Male   ゲイ       ディーン・コルター
 

# 148  【襲名披露♪】 2001/11/21 23:13 返信する
From:大倉 里司 URL:http://members.tripod.com/guyshome/
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、おこんばんは。

5年間以上付き合ってきた愛機が本日逝去し、
それと引き換えに二代目へのOS再インストールが
成功致しました。(涙)

年明けに3代目(XP機)購入を考えております。
現在ですが、IE6でお屋敷めぐり………
ネスケだと上手く表記されないですねぇー>玄関


Male   ゲイ       ルキノ・ヴィスコンティ
 

# 147  【南海ホークス】 2001/11/20 23:54 返信する
From:しーほーく URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/4331/index.html
--------------------------------------------------------------------------------

Hermitさま。

遊星からの物体Xって
確か監督はハワード・ホークスじゃなかったっけ?
私はまだ未見ですが、
いつかみることになるでしょうなあ。
私はいまんところホークスづいているので。

そうだなあ。解釈ゲームになりそうかもしれないですねえ。うちのサイトは。
まあ、まだ散らばりますんで。

HODGEさま。
笠井潔さんはね〜。哲学者の密室で挫折。
昔「早稲田文学」かなんかの座談会か
とにかくなんかで
東浩紀が
「奥泉光は100倍頭を良くした笠井潔だ」
といっていて(多分悪口?)
両者ともちゃんと読んでないのに
おかしかった(おそらく東氏の口の悪さに)。
笠井さんは評論の方がおそらく
面白いんじゃないかな…とおもちょります。
今度コピーをおもちしましょかね?


Male   ゲイ        
 

# 146  【マーラー】 2001/11/20 00:28 返信する
From:Hermit 
--------------------------------------------------------------------------------

今週は坂東「桃色浄土」、ナーヴァ「ゴールデンボーイ」、そして今バンクスの「共鳴」を読んでいます。「ゴールデンボーイ」ですが、改めてナーヴァの視点のシビアさに好感を持ちました。
様々なシーンにゲイが絡むゲイ尽くしの話ですが、視点はゲイの受ける理不尽な運命に止まらず、その社会のゆがみから関連して生み出される犯罪にまで(ネタバレ注意:無実なのがゲイなら、真犯人もゲイですしね…ってこれはネタバレまずいのか…)到っていますしね。
"ただ僕の専門分野ではないといっているだけです。ホモセクシュアルであるということが。"
取りようによってはなかなか痛烈な台詞ですよね。他にもこういった文が散見されるのは、やはり弁護士でもあり、またメキシコ人でもあったからなんでしょうか…
「オルガニスト」、「リヴィエラを撃て」、山田正紀「エイダ」を新たに借りました。実は山田正紀は初めてなのでどんな感じなのか楽しみ。そういえば知人の家でバッハのオルガン曲を聴いたのですがオルガンってパイプオルガンのことだったのか(笑… 知ってみれば当たり前ですが…)

コルタサルの話は以前したんでしたっけ? コルタサルは大好きな作家で、個人的にホラー系統の幻想短編集といえば、彼の「遊戯の終わり」、ブッツァーティーの「七人の使者」、トーマス・オーウェンの「黒い玉」の3つを先ず挙げたい、と思っているくらい。単に幻想、ですと、更にミルハウザーとかマンディアルグその他が加わってきますし、ホラー、とか異色作家、というとまた他の作家が加わってきますが… 
「石蹴り遊び」は学生時代、根性で読みましたよ(笑)。読者をどの地点に導きたいかは感じられるんですが、そのためにあれだけの苦労をするのは… でもコルタサルの長編には「懸賞」だとか面白そうなものがあるので、もし訳されたら懲りずに読んでみたいのですが。
ルルフォの作品、紹介ありがとうございます。見つかったら読んでみたいです。

「夜になる前に」ですが、そういえば主人公の人生(あるいはキューバのゲイを取り巻く環境)が暗転していくその象徴として、パーティー会場に警官(でしたか…)がなだれ込む場面にいきなりマーラーがかかるんですよね。ベニスに死す、で使われていたのと同じ曲。それまで陽気なキューバ音楽ばかりがかかっていただけに余計印象的なのですが、あの曲は一度聴くと頭に残りますね…
その日は映画館から出てしばらくあのフレーズが頭の中でリピートしていました。
ベニスに死すといえば、淀川長治氏が、眼鏡をかけたボガード(マーラーに似て見える?)が少年を切なげに見るシーンでマーラーを流していることについて、「ヴィスコンティーは意地が悪いね、あそこでマーラーを流したらマーラーがホモだといってるようなものじゃないですか」などとどこかで言っていたのを思い出します…

長すぎましたね… 失礼しました。

Male   ゲイ       レナード・バーンスタイン
 

# 145  【ミラーの短編】 2001/11/20 00:25 返信する
From:Hermit 
--------------------------------------------------------------------------------

コーエン兄弟、「オー・ブラザー」、なるほど(といっても作品名しか知らないのですが…)。
ミラーの2短編については読んでますよ(笑)。たしか2作品ともミステリ文庫の傑作選アンソロジー(背表紙が確か水色)に載っていたのではなかったでしたっけ。
短編作品に関しては、そうですね… 私個人は実は絶賛っていう感じではないんですが(すいません、何せ長編が凄すぎる…) ミラーの短編は長編にはない超自然的要素が強く出ていませんか? 「マウガニーの奇跡」にしても、"超自然まがい" だった覚えがありますし… そこがちょっと不思議な感じがするんですよね。いつもの作風に慣れているだけに、そう感じてしまうのか… ただ、超自然のもたらす異様さが上手く利用されていて、その意味では唸りました。上手さは短編でも相変わらず。ところで、HODGEさんとしての読みどころはどこだったんでしょう?
そういえば野崎六助氏でしたっけ、ミステリマガジンでミラー作品について、「ミラーの作品では、愛は唐突に訪れる」と書いていたのを読んで、そういえばそうかと奇妙な納得をした覚えがありますが、その辺どう思います?確かに「狙った獣」でブラックシアがクラウヴォーに行為を持つシーンも確かにどことなく唐突ですね。 そういえばミラー自身はマクドナルドとの出会いについても図書館で会って声をかけたのが始まりとか言ってましたが…
因みにダブル・ダブルは当初図書館で借りて読みました(読了してます。勝った! ←意味なし…)。引っ越した知人が持っていたのですが、売ってしまったらしいです。レンデルの作品が印象深かったのは覚えています… が、…内容はどうだったろう(--;)。 こりゃ早くも牛肉が頭に回っているのかな…(笑)

トンプスンの「内なる殺人者」、なんというか、今日話題になっているような、ある意味 "周囲から動機のわからない犯罪" をしっかりしたリアリティと共に描いていて、その自然さが凄かったですね。確かに一人の人間の心理として了解できる、という辺りが…
僕がウールリッチ作品に共感を持ったのと同じような感じで、これは自分の内にはけ口のない攻撃性を溜め込んだ人にはより共感できるのかもしれない、とも。個人的に「共感」、という感じではなかったのですが、その内面を構成した確かさには感じ入りました。逆にいえば、こうした人物像を踏み込んで描いた人はそれまでいなかったって事なんでしょうか。人を食った部分があるように解説にはありましたが、個人的にはそれも実はメタフィクションな遊びではなく、主人公の内面そのままでは、と感じられたのですが…

  ゲイ        
 

# 144  【The Thing】 2001/11/19 22:09 返信する
From:Hermit 
--------------------------------------------------------------------------------

>HODGEさん
今晩は。
引越しですか。奇遇にも知人の引越し準備を先日手伝ったのですが、本・CD・ビデオ等山のようにあると思われるHODGEさん、荷物を見ただけで脱力ものなのでは… いやそれだけで脱力するのは私だけか… 
早速更新予定とはいやぁ、生命力が違いますね(笑)
私はといえば、屋根の上で一晩星を眺めて過ごしていました(笑)

「遊星からの物体X」見ました。
SFX はいまや見慣れたハリウッド製の怪物ですが、ディックを思わせる誰も信じられないシチュエーション、どこかベトナムの悪夢を思わせるエンドレスな感じとひりつく緊張感が良かったですね。個人的に視聴者をしっかりケアしたかのような「エイリアン」のラストよりも、こちらの先のない終わり方の方が好みですし。
今やSFXは地に足のつかない御伽噺のような印象があるのですが、この作品ではまだ生々しい悪夢のようにも感じられましたしね…
見られて良かった。どうもありがとうございました。

私事になるんですけれど、実はこの映画を見るまでには紆余曲折がありまして…
先ずは図書館での上映を見に行ったんです。そして…
ん?モノクローム? カラーだった気がするけれど違うのかな… でも登場人物の台詞には遊星からの物体Xという言葉が出てくるぞ…
中身は往時のハリウッドらしい、主人公のちょっとした恋愛も絡めた展開、そして出て来た怪物は…  何だかフランケンシュタインの怪物みたいな代物(でも火で焼こうとしても死なない)。これがそのうち変身するんだろうか…
と思っているうちにそいつは隊員の一人の思いついた電気攻撃で死亡。登場人物の一人が本土への報告で「空に気をつけろ!」と宣言して終了。??? (HODGEさんの言っていたルドンの蜘蛛みたいなのも出てこなかったぞ…)

上映が終わってそこを出て、もう一度上映内容を書いた掲示を見ると、
「遊星よりの物体X」…
紛らわしい邦題をつけるんじゃない、と思いながら(でも監督名等確認しなかった自分が浅はかなのでした…)これでは損にしかならないぞと思ったので、図書館に「遊星からの物体X」が所蔵されていないか確認してみると、同じ区の別の館に所蔵されていることが判明(お勧めいただいたほかの映画はなかったです…)。そこに出向いて借りなくてはならなかったのですが、半分意地で駅から25分あまりの距離を歩き、閉館間際でしたが借りてきて、口直しとばかりに早速自宅で見た次第です。

このタイトルですが、図書館で見た映画が確か、"The Thing form Another Planet"、カーペンターのが "The Thing" ですから、似たタイトルをつけたのは別に間違いじゃないんですね。
しかもカーペンターの方を見てみると、どうも図書館で見たほうは、カーペンターの映画の元になった作品らしいんですよね。ノルウェー隊が行った、宇宙からの物体を発見して、それを爆破して取り出そうとし(隊員でそれを囲んで形を確かめるシーンも同じ!)、更に近くで異性人の"死体"を発見し、氷を四角く切り取って基地に運ぶくだりも同じ。カーペンターは自作をこの作品へのオマージュとして造ったんでしょうね…

古い方の映画は、空に気をつけろ、という台詞などにスプートニクの時代の影響がありあり。マッドサイエンティストが怪物退治に反対して、情報を隠蔽し、更に怪物と話し合おうとして簡単にやっつけられる、怪奇シーンでテルミンを使う、など、ある意味でこの時代のこうした映画の典型のような気もしましたし、まぁカーペンターの方が見られた今となってはこれを見られたのもいい経験のように思えます。(← 一応負け惜しみではない…)

Male   ゲイ        
 

# 143  【また新たな個性が…】 2001/11/19 22:06 返信する
From:Hermit 
--------------------------------------------------------------------------------

今晩は。

また通な方が参加されましたね。サイト(=HODGEさん)の底力を感じます。
多分、ほとんど知識のない分野なので、書き込み拝見すると凄いなぁ、と思います。私の昔の絵画の知識は教科書とルーブル美術館の範囲を出ないものなので。(笑)
絵画に詳しい方がこちらには多そうで、これはまた面白いやりとりを横から眺めることが出来そうです。
という訳で、直接話題には関われない気もしますが、どうぞ宜しくお願いします(楽しみにしてます)。(>Lullさん)

>しーほーくさん
サイト好調ですね。
「地獄の黙示録」、ドアーズの「ジ・エンド」とラストシーンばかりが頭の中でリプレイされて、全容を思い出せないのですが、サイトを拝見するうちに確かにあの成り行きに必然性を感じたことを思い出しました。納得。
「駅馬車」にしてもそうなんですが、どこか解釈のゲームに陥りやすそうな要素を扱いつつ、でもその内容がちゃんと "実感" できる辺りに好感を持っていますんで(駅馬車の扱いも、そのものではないですが、似たようなシチュエーションに覚えがあります…)、このまま走って行って下さいね。
「Blue」に関しては何より先ず映画を見てないで(ゲイ失格だろうか…)、読んで分かるんだろうか… という訳で万里の長城を前に立ち往生していますがいかがなもんでしょう?

キャサリンの映画紹介、ありがとうございます。未だにレンタルビデオ屋を選び損ねている(そんなにこだわって選ぶもんじゃないか…)ので、早速というわけにも行かないんですが… 先ずは図書館でも当たってみようかな。この辺の映画は図書館の得意分野のような気もするので…
"賢い"女優さんって…  スクリーン上でそれを感じさせるってどんなだろう、見てみたいですね。

>>眼鏡をかけた ナマズ親父(ちと汚れ専)
あはは、何かそのまんまですね。いや何か会話の内容まで変態なのかと思ってました。
(ムサビってどんな人が読むんだろう… 実物に当たらんでこんなこと言っててもしょうがないんですが… )
変態親父といえば、関係ないのですがオテサーネクでもエロ爺ぃがいい味出してました。この手のキャラクターはある種のリアリティーには欠かせないのかも…(笑)


Male   ゲイ        
 

# 142  【Wow!】 2001/11/19 18:43 返信する
From:Lull 
--------------------------------------------------------------------------------

Hodgeさん、こんばんは。
前回の浮かれた殴りカキにご返答くださいましてありがとうございます。
「アデン・アラビア」大好きなのです(映画も)
昨日見た「野性の葦」もちょっとつまされました(身が)
H・ウォレスの生チャタトンを見た時は、30分ぐらい動けなくてさくさく動いてる列のおばちゃんに睨まれたものでした。S・ソロモンの扱いって不当ですね。一番イロっぽいと思うんですが。(B=ジョーンズの次にラ前派では好きです)
G・レーニ、って今だと「剣と寒紅」の表紙で有名、と知人が言ってて、ちょっとフクザツです。Hodgeさんはペルジーノはどうですか? 自分はたまに見分けつかないんですが。(ブーグローも入ると大混乱)
映画「キャリントン」を見て、リットン・ストレイチーに改めて惚れそうです。ドーラじゃなくてもああいう優しさって滅亡寸前ですし。
ところで今名前ど忘れしてますが、「万華鏡」ページの男のコ画、空輸した「Teleny」(ワイルド作といわれてますが?)の表紙と同じなんでびっくり。(思い出せなくてもどかしー)
音楽ポップスページというのが楽しみです。自分は無節操にオールタイムを網羅してるのですが、古いのだとかなり嬉しいかも(前述「野性の葦」でデル・シャノン「Runaway」、「いつか来た道」という秀作イタリアモノでニール・セダカ「One way ticket」がそれぞれエンディングで使われていて狂喜しましたもので)
最近の発見でもないですが、ミュージカルナンバー「虹を追いかけて」がショパンの「幻想即興曲」(でしたか、これまた胡乱)だったこと。ハリウッドの貪欲はこんなところにも発揮されてるんですね。
長くなって申し訳ないのですが、最後にご質問。
ヴィンケルマンに関する書籍って何か出てますでしょうか?(国会図書館にあるふるーいものしか見たことないものでー)
それではまた。

        グレン・グールド
 

# 141  【2日だけなのに】 2001/11/17 20:53 返信する
From:HODGE 
--------------------------------------------------------------------------------

こんにちは
引越ししました。アクセスポイントを変えたり、ADSLを申し込んだり(まだかかるみたい)、なんやかんやと2日ぶりのWebです。
でも、まだ荷物そのまま。とりあえず、ネット環境を整備。
更新もそろそろします。とりあえず予告で、ポップスのCDの紹介と映画関係を充実させたいと思います。

>Lullさん
はじめまして。
チャタトンで辿り付いたなんて嬉しいです。それに今夜のお相手がポール・ニザンですか。
ちょっとまだ引越しでドタバタしていますが、これからもよろしくお願いします。気軽に書いてくださいね。

Male   ゲイ       ジュード・ロウ
 

# 140  【いんくれでぃぶる+すぷれんでぃど】 2001/11/16 09:15 返信する
From:Lull 
--------------------------------------------------------------------------------

初めてオジャマします。チャタトンで検索かけたらこちらに。
どうして今まで来れなかったのでしょう。コンテンツのすごさに嘆息。今後じっくり見させていただきます。(楽しみ〜)
下方にK・ヘップバーン様の話題がありますね。「去年の夏、突然に」を見て圧倒され、つい最近「夜への長い旅路」を見て卒倒しかけました。凄いとしか言いようなかった・・・
あ、新潮の新刊「早すぎた天才」を現在読んでいるところなのです。夭折もさりながら、七転八倒な坊や詩人を昔から好きなもので・・・
脈絡ないことばかりカキなぐってしまいすみません。(嬉しかったものでつい・・)
ではまたオジャマすると思いますが、よろしくお願いします。

        ポール・ニザン
 

# 139  【虫といえば】 2001/11/14 00:24 返信する
From:HODGE URL:
--------------------------------------------------------------------------------

大倉さん
あ、そうですか。じゃ、競泳バンツが楽に履けますね(笑)

そうそう、ワームといえば、ニムダの亜種がまた出てきたようですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011113-00000114-yom-soci

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/default3.asp?VName=TROJ_KLEZ.C

こちらも皆さん気をつけてください。

Male   ゲイ       ジル・ドゥルーズ
 

# 138  【PCお引越し♪】 2001/11/13 20:48 返信する
From:大倉@会社 URL:http://www.globetown.net/~witt/
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、おこんばんは。

現在、PCお引越し中の為、会社から♪
ええっと………純粋に「虱」(しらみ)
をうつされただけなんです。<スミスリン
パウダー@1800円

他意があるときは、電子書状も同封して
お送りしています<密書(^^;;

御心配無く(^^)/~

Male   ゲイ       ヘンリー・ジェイムズ
 

# 137  【笠井潔なんてどう?】 2001/11/13 00:24 返信する
From:HODGE URL:
--------------------------------------------------------------------------------

しーほーくさん
日本のミステリだったらい笠井潔なんてどうかな。
しーほーくさん好み(かどうかわからないけど)、ハイデッカーやヴェイユの思想に「見立てた」ストーリーがなかなかスリリングですよ。

滝本氏と巽氏の対談は、武蔵野美術No102ですか。(この雑誌良くしらないけど)美術雑誌っていうのが意外ですね。というより、しーほーくさんはこういう雑誌を読んでいるんですね。マニアックですね(笑)。
「美術手帖」ならまあ僕も何度が見たことがありますが。

滝本誠氏はなかなか味がありますね。中野翠の好著『会いたかった人』に倣って「会いたい人」かな。サイン会でもあれば行ってみたいですね。

Male   ゲイ       アルフレッド・ヒッチコック
 

# 136  【お引っ越し】 2001/11/12 22:54 返信する
From:しーほーく URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/4331/index.html
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま。
もうすんだんですよね?

ところで第3逃亡者はまだみてない〜!
そのうち見なくては。
週刊書評っておもしろそーですね。
もっとも私は日本のミステリはあんまり
読まんのでけっこうちんぷんかんぷんですが。

私もトンプソンの「アフターダーク」
読んでみようと思ってます。
滝本さんもほめてますよね?
滝本氏と巽氏の対談は
武蔵野美術No102です。
むさびが出してる雑誌。書店とかにおいてありますかね?最近あんまりみないが…。

Male   ゲイ        
 

# 135  【女優主義】 2001/11/12 22:49 返信する
From:しーほーく URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/4331/index.html
--------------------------------------------------------------------------------

Hermitさま

私は気になる俳優さんがいると割と集中的にみるタイプなんですけど、キャサリンは面白いですね。
ノーマルなタイプの美人じゃないし、うるさい時は
あーうるさいって感じの時もありますけど、
賢くって強くッてわたくし憧れ(笑)。
お勧めするのは「アダム氏とマダム」です。
ハリウッド史上最高のカップルといわれる
スペンサー・トレーシーとの共演で、
夫が検事、妻が弁護士というものでやんす。

滝本誠氏は眼鏡をかけた
ナマズ親父(ちと汚れ専)て感じですかね。
どうですか?HODGEさんのお見立てだと
どうなりましょうか?

気がむいたらうちにも
足跡お残しくださいな(笑)。
定宿はこちらでよござんすから(笑)。


Male   ゲイ        
 

# 134  【オー・ブラザー】 2001/11/12 00:48 返信する
From:HODGE URL:
--------------------------------------------------------------------------------

大倉さん
早くADSLにしたいですよね。僕も申し込みをしたらまだまだ掛かるみたいです。

>レスを打とうかなぁ………と思っていたんですが、某所
が痒いんです(^^ゞ

これって、二重の意味があります? このあいだ僕がファンだと言った方の掲示板とか。

Hermitさん
コーエン兄弟は「ファーゴ」とか「バートンフィンク」とかが有名かな。最近ではジョージ・クルーニーが出ている「オー・ブラザー」の監督もしていますね。

お、『ダブル・ダブル』お持ちなんですね。さすが。マーガレット・ミラーファンの僕は当然持ってますけど。でもまだ読み通していません。あの中のルース・レンデルの話は良かったですね。それにスーザン・ソンタグの短編も入っているし。
それよりマーガレット・ミラーの短編『谷の向こうの家』を読んだのですが、これ、凄いです。題名からわかるようにこの作品も「谷の向こう」はすなわち「これより先怪物領域」で、「鏡」が重要な役割を果たします。やっぱりミラーは素晴らしい!

>ネヴィルの「8」、トンプスンの「内なる殺人者」、ダニングの「死の蔵書」、「桃色浄土」
ずいぶんと「多彩」なラインナップですね。
テイは僕もまだなんですが、法月綸太郎のレビューを読みとサスペンスっぽいですね。
そうそうジム・トンプスンは『アフター・ダーク』が出ましたね。これも読まなくては。

アレナスって「夜になるまえに」のレイナルド・アレナスとは別にチリのブラウリオ・アレナスって人もいますよね。この人の『パースの城』という小説を持ってます。ジャケットがシュールでストーリーもシュールらしいので買いました。ボルヘスみたいのかな。
ラテン・アメリカの小説は、いくつか持ってますね。あまり読んでませんが、フアン・ルルフォの『ペドロ・バラモ』も前衛風で面白かったですね。あとコルサタルの短編とか(『石蹴り遊び』はちょっと読めないですね)。

「遊星からの物体X」は最初見たとき、恐かったですね。でも図書館でやるような映画かな。古いやつ。それでも図書館やアテネフランスなんかの映画はわりと穴場かもしれませんよね。意外なものが上映されたりして。
本もそうですけど、映画も見たいとき見れないのがイラつきますよね。




Male   ゲイ       リッキー・マーチン
 

# 133  【電車で読んでいる本】 2001/11/11 19:31 返信する
From:Hermit 
--------------------------------------------------------------------------------

滝本氏の本については、読もうと思っていますが、今の状態からして年末年始の読書になるかなぁ…と。評論関連は、電車読みするにはきついような気もするので… これだけお勧めされるのですから、こちらも気合を入れて読まないと…(笑)
コーエン兄弟、名前だけ聞いたことがあるんですが… どんな映画を撮る人でしたっけ…?
そういえばホラー映画のコーナーがどこかにあるんですか? それとも作成中とか? 楽しみにしていよう…

ボウルズですが、もう一つ思い出した傑作が、「私ではない」(『ダブル・ダブル』という本では「あんたはあたしじゃない」)。確か精神病院を抜け出してきた娘の話なのですが、分身もののアンソロジーにも収録されるような異様なラストが印象的です。こういった空恐ろしい展開の中に人間にまつわるテーマが探求されているのがボウルズらしい感じかな、と
「遠い挿話」の解釈については… これは読んでみてくださいとしかいいようがないですね(笑)。百聞は一見(一読?)にしかず、というか。
バルガス=リョサですか… 最近はラテンアメリカづいておられるんでしょうか。その辺りで私が最近読んだものといったら… ドノソの短編集くらいでしょうか(面白かったんですが)…

最近の読書は、ネヴィルの「8」、トンプスンの「内なる殺人者」(これについてはまたあとで書こうかな、と。)、ダニングの「死の蔵書」、などで、今は大倉さんお勧めだった「桃色浄土」を読んでいます。
そうそう、ジョセフィン・テイの名がでていましたが、「時の娘」は読んだのですが、正しく歴史を読み直す類のアームチェア・ディテクティヴもの、という感じで、元の歴史をよく知らなかったせいか、あまり面白く読めなかった記憶があります。HODGEさんからはテイに関して何かありますか?こう読んだら面白い、とか。
(でもさすがはHODGEさん、私は裏窓についてそんな深読みまではしていませんでした(笑))

Male   ゲイ        
 

# 132  【アレナス、オティーク、物体X】 2001/11/11 19:30 返信する
From:Hermit 
--------------------------------------------------------------------------------

>HODGEさん
今晩は。
今週は映画に関していろいろあったので、いきなりですがその話を…
「夜になる前に」、アレナスについていろいろ書いておられたので、HODGEさんは多分既にご覧になった、ということかと思うんですが、私は昨日になって渋谷での公開が11/16までなのに今更気づき、今日になって慌てて見に行きました。
何か始めのうちはエピソードが細切れに並べられていてちょっと気が散るような感じを受けたんですけど、迫害が激しくなってきてからは引き込まれました。裸の出てくるシーンもそれなりにあり、また見目うるわしい俳優たちがたくさん出ていましたが、個人的にはやはりフォーカスは「望まれない子供」(ラストの詩が印象的でした。ちょっとポオの詩を思い出しました)アレナスの生涯とそれを取り巻く場の空気感みたいなものに当たっていたのかなぁと思えました。あまりこれを「あるゲイの生涯」として捉えてしまうと人によっては重さに耐えられなくなるのでは、と感じたくらい見終わった後の重量感がありました。
ラスト・クレジットの部分に昔の映画が挿入されたのは上手かったですね(他に意図があってのことでもあるようですが)。
(クレジットにルー・リードの名を見ておぉ、と思い、あとでパンフを見てジョニー・デップが2役で女装してたのもそうだったと知って今更びっくり。まぁ驚くこともないんですが気づかなくて…)
あと、確かにアレナスという作家には、HODGEさんは興味を持つはずだ、と思いました。

実はその前日にはシュヴァンクマイエルの「オテサーネク」を見に行ったので、本当は今日は映画に行く予定はなかったんですよね。
その「オテサーネク」ですが、これも良かったんです。あまり書かないようにしますが(笑)、やはりアニメーションの魔術を感じました。往時のホラー映画が持っていたような力、今の、特にハリウッド映画が失った何かがある、と… オティークに生命が吹き込まれる部分などは戦慄ものでした。民話をなぞるようなだけの展開ながら、途中からは引きこまれどおしでしたし、いろいろな読みも効く内容でした。

ホラーといえば、以前ホラー映画を紹介していただいた折に、「遊星からの物体X」の評価が高かったですよね。そのほかにも見たいものもあり、通勤経路の近くにあるレンタルビデオ店を探してみたのですが、あまり品揃えがないところが多く、TSUTAYAにもXはなかったので、見られないかな?とおもってそのままだったのですが、あるとき、通っている図書館の掲示板をふと見たところ、何と17日にXの上映をするとあるではないですか! 今から楽しみにしています(図書館での上映なので、子供に混じって騒ぐのを聞きながらの鑑賞になるのかな…)。
シュヴァンクマイエル他、パペット、あるいはストップモーション・アニメーションのビデオを買い込んだり、他の映画を知人から借りたりと、ここのところちょっと映画づいている感じです(笑)。(他にも見た映画もありますが、とりあえずはこんなところです…)

そういえば「ナイト・オヴ・ザ・リビング・デッド」もやってるみたいですが、いつまでなのやら…

Male   ゲイ        
 

# 131  【話題選び】 2001/11/11 19:28 返信する
From:Hermit 
--------------------------------------------------------------------------------

>しーほーくさん
今晩は。
BBSが…と書いておられたので、もしかするとそちらの方に書いたほうがいいのかも(というか、普通はそうなんでしょうが…)、と思っていたのですが、すぐさま反応があったようで良かったです。あ、ならいいかという訳でまたこっちに書いてしまいますが…(笑)
(やはりBBSは一つの社会みたいに感じるので、むやみやたらとあちこち顔出しするのは気が引けてしまうんですよね… 綱引きみたいなことにあまり気を使いたくないですし…)

キャサリン・ヘップバーン。実は彼女の映画も見たことがないくせに、ちょっと気になってはいたんですよね。何の映画だったろう… 何かのTV番組で彼女が出演しているシーンが紹介されたんですが、まずオードリーの方と比べると特に華はない感じがするのに、結構名を馳せているようなのも気になりましたし(押しが強そうだけど華がない、というか… では一体どこが魅力なのかと…)、
見られたシーンは誰かと手を取って、ソファーか何かが斜めに立てかけてあるのに乗って、シーソーの上を歩いていくみたいな感じでそれを向こう側に倒しながら渡っていく、というところでしたが、やはり華やかでもないし、特に洗練されている感じもないけれど、なんだかその存在感も妙に気になりました。
(といって、彼女の映画を見るほど気になったわけでもなかった訳ですけどね(笑))
人が人生を生きる知恵を求めるような女優… なるほど、と思いつつも、分かったような、分からないような部分も… ここは百聞は一見にしかずって所なんでしょうか。

滝本氏、変態オヤジ… ってどんな感じのですか(笑)
レベッカは、それほどには違いませんが、何となく原作には味わいがあると感じました。
(因みに話題については、何が良いのか自分でもよくわからないので、いろいろ伺えたら嬉しいです、というのは欲張りすぎか…)

Male   ゲイ        
 

# 130  【付記………】 2001/11/11 02:06 返信する
From:大倉 里司 URL:http://members.tripod.com/guyshome/
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、おこんばんは。

やはり、痒いです(涙)
それはそうと……今回は個人売買なんでしこりを
残したくないんですよん。m(__)m

三台目購入の際は、一緒に見立てをお願いしますね(^^)/~


Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 129  【いま、そこにある危機(大恥)】 2001/11/11 02:00 返信する
From:大倉 里司 URL:http://members.tripod.com/guyshome/
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、おこんばんは。

忌憚の無い御意見ありがとうございました。m(__)m
ただ……”繋ぎ”としてこれを活用致します。(^^;;

来年になった時点で、ADSL化と同時に最新鋭に
乗り換えということで……

それよりも問題だったのが、たった今判明しまして(恥)

レスを打とうかなぁ………と思っていたんですが、某所
が痒いんです(^^ゞ

二、三日前から疑っていたのですが、やはり「アレ」でした。
「アレ」に罹るのも二度目なんで、疑ってはいたんですが……

今回は「焦土作戦」と言うことで、全部毛を剃り落としました。
毛を剃れなかった部分は、鼻毛切り鋏で毛根近く迄落し、
明日、化学兵器を散布する予定です………(^^ゞ

しかし……良く罹っていても通えるよなぁ………(--;)>新宿某所



Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 128  【PC】 2001/11/11 00:41 返信する
From:HODGE URL:
--------------------------------------------------------------------------------

大倉さん、こんにちは
2台目PCを買うんですね。13000円ですか。確かに安いですね。
僕も今は無きGATEWAYの後は、DELLにしようと思っています。
でも、でもはっきり言うと、僕はちょっと・・・と思います。

まずCPUですが、PentiumU-266 よりもせめてCeleron400ぐらいあったほうが良いと思います。メモリーは64でも構はないと思いますが、64までというのが、気になります。
ハードディスク 3.2って少なくないですか? あとハードディスクは新しいのに越したことはありませんが、PentiumU-266 ぐらいだと、ちょっと前のものかな。
拡張スロットやUSBは付いてますか?
LAN カードがついているということですが、大倉さんの現在のPCにはLAN カードはついてます? それがないと単体ではあまり意味がないですよね。
マウスもホイールがないとMac並み(失礼)かな。

いろいろと生意気っぽい書き方をしてすみません。気を悪くされたら謝ります。
でも例えばソーテックの最新で59800円のやつ(OSはXP、ウィルスソフト付き)の
スペックはこんな感じです。
http://www.sotec.co.jp/direct/s290xp/index.html
あと、ここにいろいろとPCの情報があります。
http://www.tugawa.com/pc/index.html

Male   ゲイ       ビル・ゲイツ
 

# 127  【御鑑定希望(^^;;】 2001/11/10 22:53 返信する
From:大倉 里司 URL:http://members.tripod.com/guyshome/
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、おこんばんは。

本日、二台目マシンを購入することになりました(^^;;

これで13000円は、妥当だと思うんですが……
如何でしょうか?

DELL製 DIMENSION XPS H266タワー型パソコン

CPU INTEL PentiumU-266
メモリー SIMM 64MB (16MBx4枚、空きなし)
HDD QUANTAM 3.2GB IDE
CD-ROM NEC製 24倍速 IDE
FDD 2モード
VGA PREMEDIA 4MB PCI
SOUND YAMAHAチップ オンボード
MODEM 56K ISAバス
LAN 10BASE-T ISA
ケース ATX ミドルタワー
幅17cm x 奥行き45cm x 高さ43cm
空きベイは5インチx1,3.5インチx2,内臓3.5インチx1
キーボード 日本語106キーボード(DEC製)
マウス PS/2マウス
電源ケーブル
リカバリーCD

中古品で、ディスプレイは付いていませんが、
WIN98がインストールされていま(^^)



Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 126  【UK VS マレーシア】 2001/11/09 01:06 返信する
From:HODGE URL:
--------------------------------------------------------------------------------

しーほーくさん
先日はどうもです。
デュ・モーリア、いいですよね。って僕はまだ「写真家」までしか読んでませんが(抜かれた!)。
ヒッチコックの映画って、やっぱり原作とかなり違いますよね。まあ、メディアが違うといえば、それまでですが。
↓に法月綸太郎のヒッチコックの映画『第3逃亡者』と原作のジョセフィン・テイ『ロウソクのために一シリングを』の面白い比較がされています。これいいですよ。

http://www.e-novels.net/hyoron/syohyo/98.html

ただ一箇所。法月綸太郎の評論は気に入っているのですが、アイリッシュ原作の『裏窓』で、「原作には色気がない」って書いてますが、これ、主人公とハウスキーパーの男二人っていう設定がアイリッシュらしくて、これはこれでいろいろと想像が出来るのですが(笑)

滝本誠と巽孝之の対談ってすごく興味がありますね。ひさしぶりに「ツインピークス」を見たくなりました。

ブルームバーグって共和党です。でも以前は民主党に資金援助をしていたみたいですね。まあ、一部では金の力で勝ったようなことが書かれてましたが。
この人についてゲイサイトはどうかな、と思いましたけど、あまり面白そうな記事はみつかりませんでした。

代わりにイギリスとマレーシアの戦いが(笑)
http://www.datalounge.com/datalounge/news/record.html?record=17536
イギリスのオープンリーゲイの閣僚がマレーシアにボーイフレンド!と一緒に訪問すること(もちろんオフィシャルで)にマレーシアの首相が拒絶したとか。このニュースはゲイメディア以外でもBBCやガーディアンでも話題になってましたね。
この時期にしては微笑ましい「外交問題」かも>違うか。

あとGay.comでJohan Paulikのインタビューが。
http://content.gay.com/channels/arts/johan.html
これを読むとJohanはバイ(でも本当はストレートでしょう)みたいですね。しかも両親がビデオに出ていることを知ってるとか。でもなんか他愛もないインタビューでこれも微笑ましいですね。



Male   ゲイ       オリ・ムストネン
 

# 124  【モンテ・ヴェルデ】 2001/11/08 22:29 返信する
From:しーほーく URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/4331/index.html
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま。

読みましたわん。デュ・モーリア。また全部じゃないけど。鳥と↑。いいですねえ。
鳥が映画とこんなに違うとなると、レベッカもぜんぜん
ちがうんでしょうか?
↑は強引な解釈ができそう。

滝本誠の本も面白そう。巽孝之とどっかで対談してて
なかなか変態親父だと思ったのが印象に残ってます。

で、ブルームバーグってどっちだっけ?

Male   ゲイ        
 

# 123  【いっしょいっしょ】 2001/11/08 22:24 返信する
From:しーほーく URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/4331/index.html
--------------------------------------------------------------------------------

Hermitさま。

マフマルバフはわたしも観たことないんです。
まわりの評判もよくなかったし。
ただ今回の件については、彼の文章がとてもよかったので
「カンダハール」はみてみようかな、と思ってます。
友人によると今イラン映画で一番素晴らしい監督は
ジャリリらしいです。

で、私程度の哲学史の知識ならば、
教科書2、3冊よめばつきますので
御安心を。適当にハッタリこいているだけなの。
賢そうに見えるかな〜?と思って。
どういったテーマがお好みなのですか?

んにしても、
いつかホームページつくってくださいねん(はあと)。

Male   ゲイ       アルフレッド・ヒッチコック
 

# 122  【NY市長はブルームバーグだって】 2001/11/08 00:48 返信する
From:HODGE URL:
--------------------------------------------------------------------------------

>JKaさん
ブラジルのCMは、きっとJkaさんも気に入りますよ。
掲示板、遊びに行きますね。
CGIBOYっていろいろ使えるんですね。

>大倉さん
サージェント、まさにぴったりかも(ご面識はありませんが)
あの黒、サージェントの絵は良いですね。
カラヴァッジオ展も早く行きたいです。

Male   ゲイ       ルーカス・リッジストン
 

# 121  【初のサージェント展示♪】 2001/11/07 23:41 返信する
From:大倉 里司 URL:http://members.tripod.com/guyshome/
--------------------------------------------------------------------------------

ひげさまの御屋敷がリニューアルしましたので
大問題作を展示致しました。(笑)

http://shinjuku.cool.ne.jp/witt/hige.htm



Male   ゲイ       コール・タッカー
 


Talented Mr.Ripleys (backpage)  /  TOP PAGE  /  はてなダイアリー(稼働中)