Talented Mr.Ripleys (backpage)  /  TOP PAGE  /  はてなダイアリー(稼働中)


# 750  【RES】 2003/01/12 01:10 返信する
From:derek 
--------------------------------------------------------------------------------

>大倉さん

しあわせ分けて〜!(笑)
そろそろ、愛のあるHがしたくなってきました・・・。(あ、言っちゃった!)
ていうか、久々に、唇がはれ上がってカラシ明太子になるほど、朝までキスしてやりたいです、ふさわしい(適当なではなく)誰かに・・・。
東博ツア−、かなり行きたいのですが、しばらく長いお休みはいただけそうにありません。(涙)
神戸の美術館はともかく、大阪の展覧会は、けち臭いうえに高額で、腹が煮え繰り返ります。
(特に「フェルメ−ルとその時代展」・・・一時間以上並んで、あのていたらく・・・全部燃やしたくなりました。)

>男爵さま

デビュ−、おめでとうございます!
ここでお会いできて嬉しいです。
やっと、勇気を出してくださったのですね。
ここの知的レベル、文才レベル、共にボクがまとめて平均値下げてますので、どうぞ、リラックスして、GAY PORNのお話でもなさってください。
ボクは、最近、久々にGEOGE VIDANOVの夢を見ました。(悦)
billy氏帰って来るまで、ボクでは退屈でしょうが、お相手いたしますよ!

コ−ヒ−って乾燥するの?控えようっと!
ボクはどっちかといえば、お茶党です。杜仲茶、ルイボスティ−が好物です。頻尿になるけど、体がきれいになった気分!

>billyさま

今頃オ−ジ−とハメ外してるのかな?
「ブツ」が手荷物チェックにひっかからないよう、注意してね!

>>derekさんってラファエル前派が好きなのですね

そだよ。前にも言ったけど、あの気持ち悪さがなんとも言えず好きなの!ウォ−タ−ハウスもバ−ン・ジョ−ンズも、なんとも美しい魔の世界を描き出すけど、最近、ブラウンの「ほら、あなたの子供ですよ」って絵を見て、「うわ、これ怖!」と思ったねえ。若い女が、胎児を差し出してる絵なんだけど、その表情がなんとも・・・。
あとはねえ・・・やっぱりイギリス人のサ−ジェント、それからカラヴァッジオ、アンリ・ルソ−、ラ・トウ−ル、モロ−、モネ、シ−レ、ブリュ−ゲル、エル・グレコ、カイユボットあたり・・・好きだなあ。

>>あら、これってボクのせいではなく、derekさんの年のせいなのでは?

年内に殺す!

>>そういえばTBS、木曜日に凄い時間帯作りましたね。9時から「渡る世間は鬼ばかり」10時に「年下の男」。二つのドラマは僕がある意味注目している脚本家、橋田壽賀子と内舘牧子ですよ!

スガコは最近ちょっとうんざり・・・ていうかつまんない。あと取り上げてない社会問題って、拉致問題くらいかあ?失踪した親戚とか出てきそう・・・。
「年下の男」ってえのは、こないだちょっと見た。
高橋克典、どうでもいい。風吹ジュン、どうでもいい。主役の女優・・・おえ〜、大嫌い!でも、仮面ライダ−アギト・・・かわいい。ちと色気が足りないが、あのコが観たくて、スト−リ−そっちのけで観そう・・・。
内館牧子かあ・・・。色気のなさそうなドラマになりそうだなあ・・・。

>HODGEさん

>>とりあえず挨拶代わりに相互オナニーでも・・・

きたきた〜!チャットモ−ドだぞお〜!(笑)
ボクはシャイなので、人が見てると勃ちません。
あなたを見つめていてもいいですか?

>>逆に開発されて、エロゲーやったり風俗とか行っちゃったりしてね。

そうなったら、また武勇伝に新しい章が加えられるのですね。わくわくします。

>>そういえば、HODGEさんの部屋って、「泥棒が押し入った後」の様なんですよね?(とある「有識者」談)

そうなの?HODGEさんってB型?
ちょっと意外でした。

最近、「アザ−ズ」ってえのも観たんですが、あれって、完全に「ねじの回転」を意識してますね。
もっともこっちは道具仕立ては立派にそろえて、ちっとも怖くもおもしろくもなかったけど・・・。





Male   ゲイ       ルーカス・リッジストン
 

# 749  【ロバ−ト・アルトマンと一緒に年末年始】 2003/01/12 00:21 返信する
From:derek 
--------------------------------------------------------------------------------

年末年始、テレビはいつもにましてつまらなくなりますよね。
特に、去年今年の年末年始は、目も当てられませんでした。良かった、仕事してて。(・・・と、ちょっと強がってみる。)

昨年、最後に観た映画は、アルトマンの「ゴスフォ−ド・パ−ク」でしたが、今年初めて観たのも、アルトマンでした。つまり、アルトマンに暮れ、アルトマンに明けました。
ボクの一番好きな彼の作品は、ダントツで「ショ−ト・カッツ」だったのですが、先日、彼の初期の作品「ウェディング」を観て、あっさりこちらに首位が塗り替えられてしまいました。
いや〜、笑った、笑った。
「ゴスフォ−ド〜」も「ショ−ト〜」も、それはそれは、わくわくするような、豪華なキャスティングですが、この「ウェディング」では、顔ぶれが地味なのにも関わらず、まさに、お正月向けのエンタ−テイメントにふさわしい出来になっております。もう、局の楽屋内の内輪ネタでスタッフと出演者だけが楽しんで、悦に入っているウンザリするような正月番組を見るより、この作品でもみたほうが、ずっと時間が有効に過ごせます。
(ちなみに私、学生時代、友人と酔っ払って、新年会の最中、テレビ局に「つまらないもん作ってんじゃねえよ!」と、お電話差し上げた経歴がございます。(微笑))

この作品、徹底してコメディなので、まあ、馬鹿馬鹿しいといえばそうなのですが、理屈抜きで楽しめます。
そもそも、諸悪の根源が、バイセクシャルで、快楽主義のこの困ったお婿さんなのですが、彼と不遇な花嫁が式の主役にも関わらず、この物語では、完全に脇役で、集まった親戚縁者のドタバタにスポットが当てられています。(なぜか、招待客はほとんどおらず、ほとんど親戚だけの式。)でも、結婚式って、大抵こうですよね。新郎新婦ってなんか飾り物で、しゃべるのはほとんど、親戚や招待客や司会進行役ばかり・・。あんなの一生の晴れ舞台になるのかと常日頃から疑問に思います。料理まずいし、招待されたほうは死ぬほど退屈だし・・・。正直、葬式の精進料理のほうが食が進みます。坊さんの説教と、正座の状態でいることは、拷問に近いけど・・・。

で、この奇妙奇天烈な親戚縁者の中でも、新婦のお母さんが最高に笑わせてくれます。
「ねえ、あなた、「キャリ−」ってホラ−映画、ご覧になった?実はあれと全く同じことがわたしに起きたのよ!」と、新郎の親族にふっておいて、てっきり超能力の話かと思いきや、「体育の時間じゃなくて、数学の時間に生理が起きたの・・・。」とみんなを愕然とさせるし、新郎の側の親戚の一人のデブオヤジに告白されて「不倫妻」の気分に浸って悦に入ってるし、髪型ヘンだし、名前がチュ−リップだし・・・ETC
この女優さん、知らないんですが、オスカ−あげたいです。
あとは、HODGEさんの苦手なミア・ファロ−が、チュ−リップの娘、新婦の妹役を演じているのですが、冒頭で新郎に「私、妊娠したの。」と打ち明けて以降、全くセリフがないにも関わらず、「狂言回し」として、すごい「存在感」を見せつけます!!!(爬虫類みたいな顔ですよね、ボクも苦手かな・・・。)
ま、他にも結構笑えるシ−ンが盛りだくさんなので、もしご興味あったら、皆さん、見てみて下さい。

あ、そうそう。もう一本、「クッキ−・フォ−チュ−ン」という彼の比較的最近の作品を観たのですが、こっちは箸にも棒にも引っかからない代物でした。
主役はグレン・クロ−ズなのですが、終始一貫して彼女がわめきちらし、周囲を混乱させ、泣き、怒り、ヒステリ−を起こすだけの、とても不愉快な作品でした。
大倉さんは、ご自身のHPで、「凡作」と、やや控えめな表現で批評をお書きになっていらっしゃいましたが、ボクは、あえてこれは「駄作」だったといわせていただきます。

映画といえば、ボクにしては珍しく、大シアタ−向け大作、「ロ−ド・オブ・ザ・リング」を今更ながらみました。何か、久々に、ハリウッドのゲ−ム感覚、鑑賞後に何も残らない作品が見てみたくなったのですが、「ハリ−・ポッタ−」は、ガキどもがうっとうしいし、「スタ−・ウォ−ズ」は、今更、過去の三作の記憶が残ってなくて話に入れないし・・。結局、ボクの愛してやまない、ヴィゴ・モ−テンセンが出て、あと、割と好きなイアン・マッケラン爺ちゃんと、渋い悪役顔のハンサム、ショ−ン・ビ−ンが出るってことだけで、これは観てみてもいいかな、と思ったのです。
まあまあ、面白かったです。完全にゲ−ム感覚でしたので、満足できたし・・・。映像きれいでしたね。
しかし、この「旅の仲間達」のしぐさ、セリフ、行動、思考回路・・・全てホモっぽい匂いがすると感じたのは、ボクだけでしょうか?ヴィゴとショ−ン、イギリスの若手美形新人俳優(御芳名失念)とヴィゴの組み合わせは、想像しただけで「はあはあ」でしたけど・・・。


Male   ゲイ       ルーカス・リッジストン
 

# 747  【海の都の美術館】 2003/01/10 15:24 返信する
From:大倉 里司 
--------------------------------------------------------------------------------

billy家元さま、derekさま、おこんにちは。

>>関西にも大きな財力と敷地のもった国立の西洋美術館が欲しい。

近畿圏は、何故か「私立」の美術館が多いですねぇー。
やはり大きな敷地ですよねぇ<基本!!!!!!!!!!!!!!!
それと壮大かつ絢爛豪華な建物、おまけに交通のアクセス便利。

と…なりますと、大阪湾を埋め立てて、関空の横に作るって言うのは
如何でしょ(^^ゞ

敷地には水路を作って、ベネツィア風にするのも良いかも……

こけら落しの驚愕展示(笑)は、「海の美術展」では如何でしょ?

ルーヴルからは、ルーベンスの「マリー・ド・メディチの上陸」
フーリア美術館からは、俵屋宗達「波濤図屏風」
あと…ロンドン・ナショナル・ギャラリー&テイトギャラリーからは
借りられるだけのターナーの作品(爆)

スポンサーは、大阪を代表して住友グループ、サントリー等等。
主催は、日本経済新聞社<「美の巨人たち」で特集を組む為^^;

貸し出し規模10000点の大展覧会を死ぬまでに日本で拝みたい
ものです。どこぞに平成のメディチ家は居ないものか……


Male   ゲイ       トム・チェイス
 

# 746  【針の目→史上最大の作戦】 2003/01/10 14:50 返信する
From:大倉 里司 
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、皆様、おこんばんは。

去年の暮れから出入りする掲示板を「お掃除BBS」
にしている大倉です。

そう…年末の23日から、年明けの10日まで、
引越し以来初の大掃除に取り掛かっています^^;

16uの部屋に、何と空きダンボール10箱以上。
そして…結果的にゴミ袋にして30個弱(^^ゞ
部屋を片付けていて思ったのですが、片付けると
意外に広かったんですね……この部屋(笑)

使用不能になったビデオデッキ、昔々の扇風機、
大量の本に関しても処分先を検討中です。

さあ……明日は、Dディです(^^)/~~~


Male   ゲイ       トム・チェイス
 

# 745  【太陽がいっぱい】 2003/01/10 00:37 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

オーストラリアはいまごろ太陽がいっぱいでしょうね。

というわけで、Billyさん、夏を満喫してますか?
当然海パン持っていって泳いでますよね、ゲイ・ビーチで。
なんだか投稿のタイトルが「オーストラリアでバコバコ」に見えました。で、バコバコやられてるの?

>>そういえば、HODGEさんの部屋って、「泥棒が押し入った後」の様なんですよね?(とある「有識者」談)

ハハハ。とある「有識者」って限定されるじゃない。まあ確かにエントロピー係数が高いですけどね。

>>考えてみれば僕らのチャットってかなり教養身に付きますよね。

やっぱりノンケ君が入るといろいろと「教養」になりますよね。僕も彼からノンケ風俗についていろいろと「勉強」させてもらってます。そんなにいいなら一度ヘルスに行ってみたいですね。でも勃たないかも(笑)

>>アレはですねー、具合はとてもよくて第2弾を注文しようと思っているんですけど

そんなに良かった? じゃあ僕も欲しいな。僕はJeff Palmerにしようと。


>男爵さん
こちらでははじめてですね。なんか文章が堅いと思ったけど……いつものチャットのように気楽にね。ビデオ&ポルノスター情報もよろしく。

>>3.) オ○ニーをあまりしなくなった

でもHはしてるんでしょ(笑)

それはともかく。うーむ、やっぱり乾燥肌と関係があるんでしょうかね、オ○ニー。じゃああんまし「凝らないで」短時間で済ませます(笑)
そう、僕も唇は荒れるし背中も痒くなるし、コーヒーも好きなんだよね。でも紅茶に切り替えようかな。最近はジャスミンティのティーバックがあったので、これ、わりと飲んでます。

>>大倉さん
なんかばら色の人生を歩んでますね、最近。
で目黒ですけどJRの方はあまりよくは知らないけど、東横線沿いはいいですよ。いろいろと便利ですし、食べるところも結構あるしね。中目黒から六本木にもすぐ行けるし、外人の彼だったらそっちでも遊べるんじゃない。でもハッテン場がないかな(笑)

それと今は目黒じゃないですよ>Billyさん






Male   ゲイ       カルロス・マニュエル
 

# 744  【オーストラリアからばんばんこ】 2003/01/09 23:25 返信する
From:billy URL:http://ronan_jp.tripod.com/index.htm
--------------------------------------------------------------------------------

みなさん、こんばんは。早いもので、新年も10日近くたってしまいま
したね。そういえば、僕はオーストラリアにいるので書き込みが遅く
なったんですけど、今年もどうぞよろしくおねがいします。あ、これ
も男爵さんが僕の名代として投稿してくれました。
感謝です、男爵さん。

>derekさん、

>>家元と、大倉さん議論してます。(悪口じゃありませんよ!(笑))
>>なんか、ホントに東京観光したくなってきました。
>>そのときは、どうぞよろしくお願いします!

そうそう、ただいまderekさんを開発中。なんかやっぱり会うんだっ
たら大人数の人しか楽しですし、複数人で博物館行くのも楽しいと思
うからね。derekさんも希望があれば言っておいた方がいいですよ。
(笑)

>>(歩くのは得意です。)

そんなこと言うと、凄い距離歩きそうよ、マジで。ボクなんて東博の
本館2度ぐらい回ってそれだけでクタクタ。今度はまったりと座って
いる時間が多い方がいいな、夜に体力温存しておきたいし。ちなみに、
新橋のあの店には行きたい。

>>それにしても、「ラファエル前派」系の展覧会が、
>>もっと関西で見れるといいのですが・・・。
>>東京は、いろいろ来るんでしょうね。うらやましい!

derekさんってラファエル前派が好きなのですね。京都の雄、京都国博
も今年は宗教系が多いみたいで、やっぱ西洋美術館が弱いのが残念です
よね。関西にも大きな財力と敷地のもった国立の西洋美術館が欲しい。
特にサー、大阪にまともな博物館がないのは凄く残念ですね。なんか
でかい博物館が建設されているみたいだけど、まだまだ先のことだと思
うし、この不景気の中ほんとに完成するのかとちょっと疑っているんで
すよね。西洋美術展覧会の質だとやっぱ兵庫がいいですね。

で、具体的にはどういう画家がお好きなの?以前、ゴヤの伝記で盛り上
がったことが会ったじゃないですか。その時もderekさんって何でも読ん
でいるナーってつくづく感心した(僕の本文から推測するなんて。でも実
は僕その本使わなかったんですが)んですけど、未だにどういう方面が好
きなのか今一分からないんですよね。
伝記すきというのは知っているけどね。

伝記で思い出したけど、1月6日からBS2のBSスペシャルで画家の生涯シ
リーズが始まりましたね。1月5日に「夢の美術館」の第2弾が7時間
に渡って放送されていましたけど、それに続いて今度は西洋絵画シリー
ズが9日まで放映されています。もち僕はみれないので、ビデオ録画を
妹に頼んだんですけど、ほんとにビデオ録画されているのかすこし心配。


>>billyよう・・・
>>連夜の「長電話」で、すっかり体壊したゾ!どうしてくれるんだよ!!

あら、これってボクのせいではなく、derekさんの年のせいなのでは?
とすこしばかり思わなくもなかったんですが、(ジョークです、念のた
め。)体お大事にしてくださいよ、大切な体壊すとチャットできなくな
ってしまうじゃないですか。

>>(笑)また、いろいろ話そうね!:)

こちらこそ、よろしく。ボクは深夜ほとんど接続しているのでいつでも
声をかけてね。またderekさんのすっごい話にムラムラしたい!
いろいろとまた聞きたいことがあるから体が完治したらまたいろいろお
話ししてくださいね。

>>そうそう、年始早々、また、強烈なことが起きました。
>>billyさん、男爵さんをご参照下さい。

ボクを一口噛ますとちょっと話、事実と違う様になってしまう感じがし
ますが、ボクがすべて聞いてあります。インパクト強すぎて忘れられな
いしね。(笑)

>>でも、一度、目の前で、堂々とチャットしてやったことがありました
>>が。(笑)

これって、初めてderekさんが登場したときですよね。ちょうど僕と
HODGEさんが、教会で云々とか話している時ですよね?
HODGEさんが(ここ重要)、「十字架に磔られて、聖水・・・」と話している
ときだよね?後から、家族がいるからと告げられて、僕とHODGEさんが驚
いたの思い出しました。(笑)

そういえばTBS、木曜日に凄い時間帯作りましたね。9時から「渡る世間
は鬼ばかり」10時に「年下の男」。二つのドラマは僕がある意味注目し
ている脚本家、橋田壽賀子と内舘牧子ですよ!なんか凄いドラマのオンパ
レードたなと思うんですが、derekさんはどう思います?

>大倉さん、

>>さて………東博ツアーですが、billy家元から「大英博物館の三分
>>の一」との御墨付きを頂きましたので、自信を持って御案内出来ま
>>すよん。
>>帝都にある美術館で「唯一」世界に出しても恥ずかしくない
>>規模なだけにご期待下さい(敷地だけで言えばメトロポリタン
>>美術館の床面積と同じ(^^;;<負けるな東博)

ふと思ったんですけど、僕メトロポリタン美術館すべて見るのに1週
間掛かったんですけど・・・それと同じ敷地を1日で回るなんて信じ
られない。今回はズバリ本館だけにしてもらいたいんですけど。。。
東洋館も法隆寺宝物館も回っていたらもうクタクタで見るよりも座っ
ている時間の方が多い感じになってきますし。

>>ただ………収蔵品に関しては10万点と、ルーブルの三分の一
>>大英博物館に至っては六十九の一(つまり690万点)ですから
>>遠く及びませんが、集まっているものだけで言えば、台北故宮
>>博物院に比肩するほどの東洋美術の清華が味わえます。

出た出た!!!大倉さんの独断場って感じ。東京国立の方は基本的
に博物館ですからねー、日本以外のものはやっぱ少ないなって感じ
がしました。もっと西洋ものがんばれって感じですかね。

>HODGEさん、

>>>>>>さすが几帳面なHODGEさん
>>こんなこと言われたの初めてだなあ。嬉しいような、人を騙している
>>ような(笑)

そういえば、HODGEさんの部屋って、「泥棒が押し入った後」の様
なんですよね?(とある「有識者」談)
ま、僕もきれいなときと汚いときのギャップが激しいので、人の部屋
が汚いとかきれいだとかは言えないんですが、几帳面なのかな。。。

>>昨日はどうもでした。まさしく「饗宴」でしたね。
>>アレも「具合がよくて」何よりですね(笑)

こちらこそどうもです。まぁ、内容はHODGEさん忘れていそうだけど、
確かRyoさんの風俗話だったと思います。僕も「デリバリー・ヘルス」
の内容初めて知りました。考えてみれば僕らのチャットってかなり教
養身に付きますよね。絶対教養チャットだと僕は信じています。

アレはですねー、具合はとてもよくて第2弾を注文しようと思ってい
るんですけど、問題なのは準備にかなり手間が掛かることと、後かた
づけもかなり面倒だと言うところ。その上後かたづけには虚しさなん
かも漂ってきて、結構ブルーはいりますね。ま、そんな事にもへこま
ずに僕は使い続けますが。(笑)

>>コクトーの詩集は新潮文庫から出ているよ。堀口大学の訳で。
>>ほんとうにエスプリが感じられる詩ですね。(僕個人はどちらか
>>というと、ツェランのような、暗いドイツの詩が好きなんだけど)

あ、そういえば小沢征爾の第9に続いて、第5番も購入してしまいま
した。後ついでに、小沢征爾のブラームス交響曲第4番とハンガリー
舞曲第5番・第6番のCDも。2003年のウィーンフィルニューイヤー
ズコンサートはニコラウス・アーノンクルという人の指揮で、初めて
ブラームスを聴いたんですけど、かなり感じのいい音楽でずっと注文
しようと思っていたんですよ。小沢征爾の指揮で発売されているよう
なのでついでに購入してしまいました。

>>岩波文庫は、そう絶版が多いですよね。どうしてプラトンの『法律』
>>が品切れなんだか。やっぱり今はちくま文庫かな。先日アンドレ・シ
>>ャステルの『ルネサンス精神の深層』を買いました。これもプラトン
>>主義の本でとても面白そうです。

僕も購入予定リストに結構筑摩の文庫が入っているんですよね。一番
読みたいなって思っているのは、筑摩文芸文庫から発売されている『
ケルト装飾的思考』あたりかな。
で、例のエリー・フォールの『美術史』は購入しました?僕はもうカ
ートに入れてあるので、16日に購入ボタンを押すだけになってありま
すよ。(今月買い物しすぎて無駄遣いしたのでクレジットカード決済
の来月分になるから16日)

バーゲンにも行きたいし、生活費ケチって小銭浮かせます。

>>目黒と言えば秋刀魚………じゃ無くてHODGEさまなんですが、
>>住んでいてどんな感じなんでしょうか?

HODGEさんって目黒在住???なんかやっぱ金持ちでしょ?なんか世
田谷とか目黒だとか、関西人からすればドラマでしか見たことのない
所在住なんですね、うわやましい。僕も転職でもしてトウキョー行き
たいな。(と言いつつも、再来月あたり京都に引っ越そうと思ってい
ますが。)

>Hermitさん、

カード、ありがとうございました。あれはマグリットですよね?
なんか本文にすこし納得のできない部分もありましたが(笑)、相変わ
らずの長文で怒濤の書き込みにますます期待が募ります。(笑)
Hermitさんも無理をせずにお仕事がんばってください。

derekさんもHODGEさんも風邪気味だそうで、二人とも裸になる機会が
多かったからじゃないの?と疑ってしまいますが、お大事に。早くよ
くなってまたいろいろとお話ししましょう。

Male   ゲイ       ミシェル・フーコー
 

# 743  【友とコーヒーと感想肌】 2003/01/09 23:22 返信する
From:男爵 
--------------------------------------------------------------------------------

こんにちは、男爵です。
HODGEさん、某所では時々お会いしてますが、こちらでは初めてですね。ご挨拶が遅れてしまい、申し訳ありません。なにぶん筆不精なものでして。

風邪を引かれてる方が多いようで。自分はすごい感想肌で、この時期はハンドクリームとリップスティックが欠かせないのですが、なぜか今年はやたら潤っています。去年までとの違いを考えてみたのですが、

1.) コーヒーの代わりに紅茶を飲むようになった
2.) 比較的、規則正しい生活を送るようになった
3.) オ○ニーをあまりしなくなった

くらいしか思い当たりません。
まじめな話、紅茶はいいかもしれません。あるいはコーヒーが悪いのかも。感想肌にお悩みの方はぜひお試しください。

さて、今日やってきたのにはもう一つ理由がありまして、billyさんが只今オーストラリアに滞在中なのですが、手持ちのPCで掲示板に書き込みできないらしく、急遽代筆を頼まれました。次の書き込みは私、男爵めがbillyさんの代わりに投稿させていただきます。

Male   ゲイ       ラッセル・クロウ
 

# 742  【目黒の秋刀魚の味(^^;;】 2003/01/09 00:15 返信する
From:大倉 里司 URL:http://www.globetown.net/~witt/
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、おこんばんは。

実は、まだ先の話なんですが………(来年初旬頃(^^;;)
現在の彼と一年間上手く行ったら、目黒に引っ越そうか?
と考えている今日この頃。

目黒と言えば秋刀魚………じゃ無くてHODGEさまなんですが、
住んでいてどんな感じなんでしょうか?

家賃も7万円台のところがある様ですし(駅から徒歩10分)
通勤の方も山手線→品川乗換→横須賀線&総武線快速→津田沼
で約1時間と通勤圏内で収まる場所なんですが………
そして、東京国際映画祭が行われる渋谷と第二の故郷の新宿迄
タクシーでも行けるし帰れるというのにも心惹かれています(^^;;


Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 741  【マッスル・ヒート・ウェイヴ】 2003/01/08 00:32 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

>derekさん
あけましておめでとうございます。

>>さすが几帳面なHODGEさん

こんなこと言われたの初めてだなあ。嬉しいような、人を騙しているような(笑)

>>後者のほうの「歓迎」、ホント?ねえ、ホント?

うん、こういうことは「几帳面」かな。とりあえず挨拶代わりに相互オナニーでも(笑)

>>あ、そうそう。こないだ、ほんのちょっとですが、RYOさんとお話しました。
まだ、ゲイ度15%だそうで・・・

ははは。でも15%ってどういう基準なんでしょうね。6人に1人は男でもOKってことかな。15%なら入るとか。

>>HODGEさんが開発して、120%の純度の高いゲイになるといいのですが・・・。(笑)

逆に開発されて、エロゲーやったり風俗とか行っちゃったりしてね。「デリバリー・ヘルス」って言うんだっけ。そんな言葉初めて知ったしね。

>>少し最近疲労が溜まってるので、ゆっくり休みます。

骨休みしてください。サウナでも行ってリラックスするとかね。
今年もよろしくお願いします。







Male   ゲイ       キーアン・ウエストライフ
 

# 740  【題名未定(^^;;】 2003/01/08 00:03 返信する
From:大倉 里司 URL:http://www.globetown.net/~witt/
--------------------------------------------------------------------------------

derekさま、HODGEさま、billy家元さま、おこんばんは。

電気アンカ(¥1300)を購入したら、足元がホカホカ
でビックリ!(・∀・)イイ!!
霜焼けが持病の自分としては助かります。

さて………東博ツアーですが、billy家元から「大英博物館
の三分の一」との御墨付きを頂きましたので、自信を持って
御案内出来ますよん。

帝都にある美術館で「唯一」世界に出しても恥ずかしくない
規模なだけにご期待下さい(敷地だけで言えばメトロポリタン
美術館の床面積と同じ(^^;;<負けるな東博)


ただ………収蔵品に関しては10万点と、ルーブルの三分の一
大英博物館に至っては六十九の一(つまり690万点)ですから
遠く及びませんが、集まっているものだけで言えば、台北故宮
博物院に比肩するほどの東洋美術の清華が味わえます。

>>ドロドロ愛憎劇(そうそう、「大奥殺人事件」のような生臭いやつ)は、
>>時間帯が時間帯だけに、やっぱり無理なのかなあ・・・

時代劇って一番制約が少ないジャンルだと思っているんです。
またまた、昔の話で恐縮ですが………リュック・ベッソンの傑作
『ニキータ』を江戸吉原バージョンで展開している作品がありまして
ぶっとびました(^^ゞ

でも………現代日本の設定ならば、不自然な設定でも、江戸吉原で
幕府の「くノ一」となれば、必然性があるんです。

HODGEさま

モディリアーニは、モデルとなった方が売れたのに(^^?と考える
のは自分だけでしょうか?
美形が氾濫している今でも、2時間5万円程度だったら買い手が楽
に付きそう(^^ゞ<現在自粛中ですが………(^^ゞ


Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 739  【あけましておめでとうございます!】 2003/01/07 12:35 返信する
From:derek 
--------------------------------------------------------------------------------

三賀もとっくに過ぎてからマヌケですが、HODGEさん、皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

>大倉さん

家元と、大倉さん議論してます。(悪口じゃありませんよ!(笑))
なんか、ホントに東京観光したくなってきました。
そのときは、どうぞよろしくお願いします!
(歩くのは得意です。)


最近、見たい展覧会が目白押しで、忙しいから、なかなか行けなくて、フラストレ−ションたまりまくりです。
特に、今月末からの、神戸での、英国ロマン主義絵画展、絶対見逃せません!
(レンブラントもまだ未見だし・・・。(汗))
ウィリアム・ブレイクの絵は好きですが、最近、詩集も読んでみて、詩人としての彼のほうが、「好み」だなあ、と思ってます。
それにしても、「ラファエル前派」系の展覧会が、もっと関西で見れるといいのですが・・・。
東京は、いろいろ来るんでしょうね。うらやましい!

>>>>何で、NHKの大河は、健全なテ−マしか取り上げないんだろう?
・・・これなんですが、『水戸黄門』と同じでして、御老人の視聴者から
クレームの嵐らしいんですよ。(マジ)

「武蔵」の主役のコは男前ですね。未見なのでまだなんともいえませんが、すごい大雑把なキャスティングですね。
お通役に、米倉涼子????
安っぽいなあ・・・。
去年も思ったんですが、やっぱり、NHKって、若い視聴者を惹きつけようと、トレンディドラマ系の演技もできない役者達をそろえて必死になっている感がありますよね。

ドロドロ愛憎劇(そうそう、「大奥殺人事件」のような生臭いやつ)は、時間帯が時間帯だけに、やっぱり無理なのかなあ・・・。
「視聴率」と「健全さ」の板ばさみだなあ、NHK。
一回試験的にやってみればいいのに。

>Hermitさま

お久しぶりです。
お体、如何ですか?忙しそうですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますね。
短いRESでも、ときどき、Hermitさんが顔出してくれると、何か、ボクの泥臭さが中和されて、爽やかな掲示板になりますので、罪悪感の痛みも少しは和らぐ、というものです。(笑)
どうか、お大事に!

>billyよう・・・

連夜の「長電話」で、すっかり体壊したゾ!どうしてくれるんだよ!!(笑)
また、いろいろ話そうね!:)

チャットに参加しだしてから、「癒し系」の「汚名」を少しずつ取り崩しつつあるのが、なんとも快感!(笑)
今年もderekは、新年早々、「波乱万丈」です。
こんなオレですが、どうか皆さん、見捨てないで!(哀願!)

>HODGEさん

新年メ−ル、ありがとうございました!
あけてからすぐRES下さるあたり、「さすが几帳面なHODGEさん!」と感涙にむせびました。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします!

>>といっても、僕は東京にいるので食事のお誘いやHのお誘いはウェルカムです(笑)

後者のほうの「歓迎」、ホント?ねえ、ホント?

>>それにしても、derekさんっていろいろと恋愛についての話がありますね。なんかドラマティック。

ハハ。ドラマティックを「意識」しての「精一杯の演出」だったりして・・・。
そうそう、年始早々、また、強烈なことが起きました。
billyさん、男爵さんをご参照下さい。

このクソ寒いのに、何で最近、こんなに「お盛ん」だったのか、考えてみましたが、やはり、家族が来ていて、なかなか「発散」出来なかったのが一番の原因だと思われます。
でも、一度、目の前で、堂々とチャットしてやったことがありましたが。(笑)

あ、そうそう。
こないだ、ほんのちょっとですが、RYOさんとお話しました。
まだ、ゲイ度15%だそうで・・・。(笑)
HODGEさんが開発して、120%の純度の高いゲイになるといいのですが・・・。(笑)
ま、「通信教育」を通して、みんなで気長に大事に、この「遅咲きの花」を育てていきましょう!

せっかく今日から二連休なのに、外にも出ないでもったいないですが、少し最近疲労が溜まってるので、ゆっくり休みます。
イキの悪いRESで、申し訳ありません。

今年も大いにハジけましょう、皆様!!





Male   バイ       アル・ゴア
 

# 738  【ブレストの乱暴者】 2003/01/07 00:54 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

>Hermitさん
あけまして、どうもです。
まあ堅苦しい挨拶はこれくらいにして。

カードありがとうございました。ちゃんと届いてましたよ。
風邪ですか、お気をつけてください。実は僕も二日酔いから風邪になってしまったようで、まだ「バーゲン」に行ってないんですよね。大人しく本を読んでました。

そういえば河出文庫からジュネの『ブレストの乱暴者』が出ましたね。ここのところ河出文庫はセリーヌやユイスマンスとか出していてちょっと注目しています。

>大倉さん
情報、どうもです。
それにしても……

>>モディリアーニの顔にミケランジェロの身体。アングルのデッサン力、ティッアーノの誉め殺し、ルーベンスの処世術、フラ・アンジェリコの純朴さ………これが備われば最強かも(^^;;

いやあ、いいですね。やっぱりルックスはモディリアーニですかね。あとシーレ、ムンクなんかもいいかな。

そうそう、何気なく『プラトンと反遠近法』という本を読んでいたら大倉さんの「裏社交界」で話題になっていた鴨居玲の名前が出てきてびっくりしました。以前だったら読み飛ばしていましたね。シンクロニシティを感じました。




Male   ゲイ       トム・クルーズ
 

# 737  【謹賀新年】 2003/01/06 01:06 返信する
From:Hermit 
--------------------------------------------------------------------------------

明けましておめでとうございます。
昨年中は面白い話や様々な話題をいろいろ伺って、HODGE さんや皆様とお話できて楽しかったです。
本年もどうぞ宜しくお願いします!

と、これだけで終わらせるつもりはなかったのですが、
また風邪を引いてしまって(休み明けまでに治すはずだったのに)、文は書けないことはないんですが、ゲホゲホやっているのですいません、眠らせてください…
次は3連休がありますが… (ここのところ言い訳ばかりだな…)

-----------------------------------
ところで、HODGE さんにカードを出したつもりだったのですが、同時に送った Billy さんには届いていないと言われたので、届いていないかもしれません… 届いてます?
もしそうなら平身低頭ですが…

Male          
 

# 736  【芸術家に恋して(^^;;】 2003/01/06 00:44 返信する
From:大倉 里司 URL:http://www.globetown.net/~witt/
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、おこんばんは。

番組HPを見たら軽く紹介がされていました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/geikoi/yokoku.html

さて、歴代美術家の中で、誰と寝たいか?
と聞かれたら、文句無しにミケランジェロを選びますね。(^^;;

理由は………

○彼も筋金入りのゲイなんで、ノンケを口説く手間が
要らない(爆)

○彫刻家は、マッチョですよん。顔は御世辞にも美形
とは言いがたいですが、腕、肩、胸の筋肉は相当な
モンだったと思います。

モディリアーニの顔にミケランジェロの身体。アングル
のデッサン力、ティッアーノの誉め殺し、ルーベンスの
処世術、フラ・アンジェリコの純朴さ………これが備わ
れば最強かも(^^;;


Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 735  【ダビッド同盟】 2003/01/05 01:40 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

大倉さん、あけましておめでとうございます。

>>去年は、「出会い」の年で御座いましたが、今年は、何の年になるんでしょうか?

そうですね、僕も大倉さんのように「出会い」の年にしたいです。

>>そうそう………来週の「芸術に恋して」では、”肉体美”
特集とかで、ダビデ像の他に、

おお、そうですか、ダビデ。三島由紀夫が「聖セバスチャン」なら僕は「ダビデ像」なので、とても楽しみです。

今年もよろしくお願いします。



Male   ゲイ       ベン・アフレック
 

# 734  【筋画新年(笑)】 2003/01/04 12:38 返信する
From:大倉 里司 
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、皆様、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

去年は、「出会い」の年で御座いましたが、今年は、
何の年になるんでしょうか?

今年の東博は、日蓮、西本願寺と宗教尽くしですし、
やはり1999年のような、「驚愕の大展覧会続出」
は望むのが難しいかも?と思っていますです。ハイ。

そうそう………来週の「芸術に恋して」では、”肉体美”
特集とかで、ダビデ像の他に、ボディビルダーの紹介も
あるとかで、新春早々萌えまくる予定<ビデオ撮り♪

それでは、本年も宜しくお願い致します。


Male   ゲイ       トム・チェイス
 

# 733  【それから、あれから、これから】 2002/12/30 17:16 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

もう今年も後わずかですね。今年もいろいろとありがとうございました。

といっても、僕は東京にいるので食事のお誘いやHのお誘いはウェルカムです(笑)

それで昨日新宿に行ったら伊勢丹で古本市がやってました。
で、購入したのは

リヒアルト・ハルダー『ギリシアの文化』(北斗出版)
『エンツェンスベルガー全詩集』(人文書院)
ドリュ・ラ・ロシェル『秘められた物語、ローマ風幕間劇』(国書刊行会)

です。

>大倉さん
今年もいろいろとありがとうございました。これから帰省されるんですよね。来年もよろしくです。

>derekさん
いろいろと読書してますね。塩野さんは僕も読むつもりです。
それにしても、derekさんっていろいろと恋愛についての話がありますね。なんかドラマティック。

同性結婚について僕の意見は、ロマンティックな意味合いよりも、もっと生活についてのことが大きいと思います。

まず遺産とかのこともあるし、それ以外でも、もしパートナーが病院に入院した場合や手術をする場合に、面会や「家族の同意」みたいなものがあるじゃない。

またもし刑務所とかに入った場合。これは今まではぜんぜん意識したなかったけど、この間の東西線の「痴漢冤罪事件」を見て、日本がいかに遅れた捜査をしているのかと愕然ときたので。どうして「被害女性」の主張ばかりが無条件に認められるのか、不思議でたまらない。しかも女性に対して賠償もできないようじゃないですか。これは絶対におかしいと思う(僕だったら一億ぐらい損害賠償請求するね)。
だからも痴漢とかで万が一刑務所に入った場合の(保釈手続きとかの)所用が「身内」だとスムーズだと思うし、裁判で闘う場合も物理的精神的にも有利かな、と思って。

それとこれが重要なんだけど、もし相手が外国人だった場合、日本に長くはいられないじゃない(もちろん、このことが乱用されると不味いので、最初は「相互主義」で、つまり同性結婚を認めていて、かつ、外国人もOKの国との間に適用すればいいと思う)

けど僕が同性結婚をするかというと、それは別で、ただ「選択」が出来ることが重要だと思っているだけなんだけどね。

まあ、皆さんは同性結婚とかよりも、僕の目下の「我が闘争」は何であるかご存知ですよね(笑)

derekさんともいろいろとお話できて、とても良かったです。またチャットで無礼講をしましょう。良いお年を。

>Billyさん
昨日はどうもでした。まさしく「饗宴」でしたね。
アレも「具合がよくて」何よりですね(笑)

コクトーの詩集は新潮文庫から出ているよ。堀口大学の訳で。ほんとうにエスプリが感じられる詩ですね。(僕個人はどちらかというと、ツェランのような、暗いドイツの詩が好きなんだけど)

岩波文庫は、そう絶版が多いですよね。どうしてプラトンの『法律』が品切れなんだか。
やっぱり今はちくま文庫かな。先日アンドレ・シャステルの『ルネサンス精神の深層』を買いました。これもプラトン主義の本でとても面白そうです。

では、今年もお世話になりました。良いお年を。またチャットもしましょう。


Male   ゲイ       ロビー・ウィリアムス
 

# 732  【時代劇♪】 2002/12/30 12:29 返信する
From:大倉 里司 
--------------------------------------------------------------------------------

derekさま、おこんばんは。

>>何で、NHKの大河は、健全なテ−マしか取り上げないんだろう?

これなんですが、『水戸黄門』と同じでして、御老人の視聴者から
クレームの嵐らしいんですよ。(マジ)

一回考えたネタなんですが、『水戸黄門』で、葵の御紋を出して
一見落着♪が………実は冤罪で………(爆)と言う話をしたのですが、
絶対に無理と却下されてしまいました(涙)

日本史で言えば、戦国時代が圧倒的ですものねぇ……あとは忠臣蔵
か幕末模様。これが3大人気商品なんですが、たまには違ったもの
を観たいもの。

昔、火曜サスペンス劇場でも『大奥殺人事件』と言う異色の
ミステリーを新春第一弾のスペシャルとして放映していたんですが、
これが面白かった。

殺人事件としては、割とアッサリ片が付くのですが、背後に隠された
奥女中の復讐劇が凄かったのですよ。

ターゲットは3人でして、一人目は無実の罪を着せて、大奥追放、
そして自害に追い込む。二人目は、本命の弟と共に心中に見せかけ
毒殺。そして………本命の三人目には、どうやっても逃れられない
罠を仕掛け破滅に追い込む。

こうしたドラマを年に一回でも観たいものです。

それでは、皆様、よいお年を(^^)/~


Male   ゲイ       トム・チェイス
 

# 731  【よいお年を!】 2002/12/29 23:43 返信する
From:derek 
--------------------------------------------------------------------------------

今年も残すところあと二日ほどですね。
最近、皆さんとはチャットでよくお話してるので、あまり「お久しぶり」という挨拶は適切ではないですね。(笑)
書き込みは久しぶりだけど。

>大倉さん

何も言うことございません。
どうぞ末永くお幸せに!(笑)
で、大倉さんのHPも、ときどき覗いてるんですが、薄学ながら、ボクも、絵画と映画が大好きなので、またそのうち、書き込みに伺います。よろしくお願いします!

>billyさん

>>なんかメッセンジャーだと、掲示板とは違った(掲示板では書けない)
>>話題ばかりになってしまいますね(笑)。

あんなにスゴイとは・・・。(笑)
まるで無礼講の忘年会・・・。
ちょっとボクも慎みます。

最近、やっと「チェ−ザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」を紐解きました。
やっぱりわかりやすくて面白いです。
それにしても、イタリア史上最強の女傑、カテリ−ナ・スフォルツアが、チェ−ザレとの戦いに敗れて捕われの身になり、犯されたという、有名なエピソ−ドの章で、塩野先生、
世論は沸騰した。自由を失った高貴な女性に対する侮辱的行為だというのである。しかしチェ−ザレは、自分の欲することをしただけだった。この最も女らしい魅力にあふれた美しいアマゾンに、自分の初陣の戦利品として、それにふさわしい待遇を与えたにすぎない・・・・
・・・と、田嶋陽子先生が聞いたら、「何言ってるんだよ!男が全部悪いんだよ!」と烈火のごとく怒りそうなコメントを書いておられます。
フェミニストじゃないんだ、この人。(笑)ちょっと見直しました。


>>「ウィル&グレイス」リストラされたとか・・・

>>先週見たけど、結構おもしろかったから、今週も見るかも知れません。

>ね!ハズレの週もあるけど、結構ドライな笑いがすきなんです。
ボクが、キャセイパシフィック航空の機内上映で観たエピには、グレン・クロ−ズ出てたっていったよね。
今、思い出したんだけど、彼女扮するカメラマン、撮影中に、仰向けになって、突然死んだフリするの。で、二人が何事かと近づいたところで、ガバっと起き上がって、びっくりさせて、二人の恐怖の表情をパチリ!
あれってねえ、「危険な情事」のラストシ−ンのパロディだってわかって、大笑いしました。

>>僕はまともな図書館が近くにない地域に住んでいるから憧れてしまうんだけど、図書
館が近くにあるときも購入していましたね。

長期休館のため、三週間12冊、図書館が貸してくれるということで、こないだ、さっそく、全部読みもしないの
に、ぴったり12冊借りてまいりました。
「メディチ家〜」の中田耕治先生の昔出した、「淫蕩なる貴婦人の生涯」という本を見つけたので、借りてきました。
近世フランスの林真須美ことブランヴィリエ公爵夫人の伝記なんだけど、面白そうだし、薄いので、これならすぐ読めそう。
伝記もの、結構好きなんだ。
でも、いわゆる「偉人伝」には興味なくて、スキャンダラスな人生を送った人物の考察ものがすきなの。
チェ−ザレ・ボルジアとか、ジャンヌ・ダルクと共に戦った勇士であり、連続美少年誘拐暴行殺人鬼「青髭」と呼ばれたジル・ド・レの伝記、怪僧ラスプ−チンとか、狂王ル−トヴィヒとか・・・・。
何で、NHKの大河は、健全なテ−マしか取り上げないんだろう?
もっと、胸が悪くなるような、ドロドロもの、極悪人たちののしあがっていく姿、破滅していく姿を描いて欲しいなあ・・・。「利家とまつ」なんて、おしどり夫婦の話、退屈だあ〜!(橋田先生が書いたら、さらに退屈。悪人不在で偽善者いっぱいの物語になっっちゃう。)

>HODGEさん


「ゴスフォ−ド・パ−ク」、男爵さんも見たいって言ってました。
ボクも男爵さんも、ロバ−ト・アルトマンは好きみたいです。

>>そういえばアイボア・ノヴェロ(イーヴァー・ノヴェロ)はゲイだったんですよね。・・・
それらしい雰囲気はありませんでした?

ありました。でも気づきませんでした。
彼は、ゲイみたいですね。
この映画の中では、彼をめぐって、使用人たちがキツい冗談を言う場面がありました。
で、どうも、彼について来たライアン・フィリップは、「夜のお相手」もさせられてるBIという印象がありました。
で、ホ−ルでピアノ弾き語りして、ダンディ−ぶりを見せつけるのですが、明らかに女性を意識してるふうではなく、女性陣も、彼の本性を見抜いてか、あんまり興味なさそうで、唯一、ジェ−ムズ・ウィルビ−に冷遇されている(世間知らずの)人妻だけが、彼を見てウットリしているとこなんて、「ああ、やっぱり・・・。」と思わせますね。
ま、もし機会があれば、観て下さい。

ヘレン・マクロイの新刊「割れたひづめ」というのも、図書館で借りてきました。
なんか、ディクスン・カ−風の展開になりそうなお話ですね。読むのが楽しみです。

例のバンコクの彼なんですけど、こないだ、ちょっと電話してみました。相変わらず、社交的で、卒のないしゃべり方でしたが、結局、彼は、かなりの「遊び人」であることが、後日、彼の友人の口から発覚しました。
「メ−ルする。」といって、それっきりです。
でも、なんだか、あんまり憎む気になれません。
だって、一緒にいるときは、十分楽しかったし、優しくしてもらったから・・・。
こないだの電話でとりあえず「ありがとう。」を言えたので、もういいです。

「不幸な出会い」ってあると思うし、「思いつく限り最悪の組み合わせ」ってカップルも世の中にはいるもんですよね。
ボクは今まで、過去に一回だけ、大泣きした恋愛あって、相手は帰国直前に控えたイギリス人だったんだけど、こないだクリスマスに電話して来ました。この時期は特に「淋しい」ようで、よくかけてきます。
結構ひどい別れ方しても、違ったかたちで続く関係ってあるんですね。
彼と別れた直後、「よく当たるらしい占い師」に冗談半分で、その年の恋愛運をみてもらったら、「あなたはもう過去の恋愛をあきらめているようだけど、前の彼は、あなたのことをまだ「恋人」だと思っているようですよ。」といわれた。そんなん言われたら余計引きずるっちゅうの!(笑)
彼、付き合ってる間も、少し「躁鬱病」の気があって、一度だけそれで大喧嘩したけど、後はいたって優しかったです。帰国してから悪化したみたいで、泣きながら電話してくる夜もあったけど・・・。だから、たまに電話してくるのは、「欝」の症状かなあ、と心配してます。
ボクの知ってるコの彼氏は、それこそひどい症状で、クリスマスイヴに二人で食事してるとき、突然発作が出て、プレゼントした腕時計を目の前で叩き割られ、二、三発思い切り人前で殴られたうえ、払いも済まさず飛び出していった、なんて例があるんだけど・・・。
可哀相だね、どっちも。
(あとで、必死に謝られたらしいけど、もうどうしてもイヤだったらしい。ま、そうだろうなあ。)
なんかさあ、同性結婚ってのがこの国で承認されたとしても、結局GAYのカップルの離婚率のほうが高くなると僕は想像するんだけど、どう思います?

今年、このHPに書き込むようになってから、ネット友達も増えたし(笑)、HODGEさんもいつも、優しくRESしてくれるので、結構精神的に安らぐことが多かったように思います。

今年はどうもありがとうございました。
いつもすき放題、ダラダラ書きまくって、ごめんなさい。
書き込みは、今日がボクにとって仕事納めになりそうです。
HODGEさん、どうか、よいお年を!ホントにありがとう!


皆さんにとっても、来年が、さらによい一年でありますよう、年が明けたら、近所の神社に拝みにいきますね。:)


derekでした!


Male   バイ       ジャン・イブ・ティボーデ
 

# 730  【Seasons greetings !】 2002/12/24 22:24 返信する
From:billy URL:http://ronan_jp.tripod.com/index.htm
--------------------------------------------------------------------------------

>HODGEさん、

>>なんかメッセンジャーだと、掲示板とは違った(掲示板では書けない)
>>話題ばかりになってしまいますね(笑)。

というか、相手がHODGEさんからじゃない。(笑)日曜日に話した時なんて、のっけから
「抜いた?」でしたよ。(笑)最近HODGEさんに興奮させられまくり。

>>失礼しちゃうな。もちろん知ってますよ。小説や詩も読んでるし、画集ももってます
>>(すごくエロティックなやつもね)

おお、やっぱり知っていましたか。で、聞きたいのはですねー、コクトー初心者は何を
最初に読んだらいいのかナーって思っているんです。特にエロティックな図版が欲しいし、
受胎告知の詩が載っている詩集についても教えてください。

>>そうですね。いちおう18歳以上で、メンズ・オンリーですかね。これまでの話題から
>>判断すると(笑)で、アレは試してみた?

じゃ、皆さんOKですね。是非、チャットしましょう。後、アレはいま入荷待ちの状態です。

>>岩波は僕も好きというか、やっぱり岩波文庫があるからね。でも最近はちくま学芸文庫
>>のラインナップが楽しいです。

そうそう。岩波文庫ってやっぱりラインナップですね。3年ほど前に岩波文庫の創刊何年か
の記念みたいので、岩波文庫総目録が発売された時期があったじゃないですか。で、僕も全
巻買ったんですけど、ホントに様々なジャンルがあって驚きました。結構絶版になってある
ヤツもあるけど、古本屋ですぐに見つかりそうだし、なんか本箱に収めてもまとまりがいい
ですね。それで、僕も最近ちくま学芸文庫にはまっているんですよ。加藤周一の『日本文学
史序説』も入ってあるし。それに、ちくま文庫の方も全集を販売したり結構活発だナーって
思っています。『三島由紀夫の美学講座』も発売されているしね。

>>どうせだったらLinuxでviなんかをしこしこ使っていたほうがよい感じなのに。でもトム
>>はいいよね。

そういえば、マイノリティーリポートのトムはもっと近未来的なパソコンを操っていました
よ。ちょーかっこよかった。すこし薄暗い部屋で黒い体の線が目立つ服を着て、近未来的な
パソコンを使っているトムもまた、ミッションインポッシブルのトム顔負けでしたよ。

>>>>ミシェル・フーコーの『真理とディスクール(パレーシア講義)』
>>はレビューを書いたので読んでね。いつもの怒りのレビューだけど。

もち、読みましたよ。なんか途中からHODGEさんのライフワークになってきて、HODGEさんの
ページを楽しんでいるっていう感じでした。僕もはやく読まないと。

>>マジメな本ではエリー・フォールの『美術史』(国書刊行会)が気になっています。

こないだ話した5巻完結の本ですよね。僕も購入しようと思っています。この種の本って発
売月に買っておかないと、後からたまるとかなりの金額が一気にかかるから大変ですよね。
あと国書刊行会って言うところからして、部数も少なそうだし。

もしかしたらこれが今年最後の投稿になるかも知れないので、また来年にお会いしましょう。
よい新年を。



Male   ゲイ       Chi Chi LaRue
 

# 729  【ワードナビ】 2002/12/24 00:32 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

大倉さん、どうもです。

>>同じ外専の飯を食った(^_^)/\(^_^)(ナカマ、ナカマ)

この表現、笑いました(笑)。あまり「事情」を知らない人が見たら、悩むかもしれませんね>外専の飯

>>さて………来年になったら、HODGEさま並びにbilly家元さまにも、御紹介しようと思っているんです<マジで

これこそ、ノルディック複合ですね……いえいえ、そんな「鳩の翼」(そういえば「鳩の翼ツアー」なんてのがありましたね)みたいなことは……。

というのは、さておき、相思相愛で趣味があっていいですね。
よい関係を築いてください。

話は変わって、大倉さんの書きこみで、このotdの掲示板で初めてリンクされたようです。大倉さんのところは「映画」や「画像」でしたよね。ここは「語学」でリンクなんですね。なんでだろう。



Male   ゲイ       マイケル・オーウェン
 

# 728  【「寿」の行方(笑)】 2002/12/23 23:34 返信する
From:大倉 里司 URL:http://www.globetown.net/~witt/
--------------------------------------------------------------------------------

HODGEさま、billy家元さま、おこんばんは。

流石に食い付きが早いですねぇ………同じ外専の
飯を食った(^_^)/\(^_^)(ナカマ、ナカマ)ってことで有難
うございます。(感涙)

さて………来年になったら、HODGEさま並びに
billy家元さまにも、御紹介しようと思っているんです<マジで

何故かと言えば、「語学」&「美術」の問題でございまして、
展覧会に行って微妙な表現をする場合、どうしても日本語
よりも英語を使った方が(・∀・)イイ!!のでは?と思うんですね。

彼の場合、僕の身体よりも「美術史の知識」に惚れ込んだ
様なんで(日本人では極めて珍しいと言われた(^^;;)
日本人の名誉に賭けて、御二人の先達を用意しておくのが
裏社交界に従事していた者としては思う訳です。

そうそう………ハンサムさんと言っても38歳ですから、
ベッカム様とは行かないですよ。歳を考えるとイイ男だなぁ
と思える程度でして(20代の頃は極め付きだったと思う)

HODGEさま、別に横取りされても構わないと逆説的には
思っているんです。自分よりも知性と教養が無く、ただ単
に「英語使い」なだけで、横取りされてしまうのは悔しい
ですが、HODGEさまのように知性と教養が自分以上に
優れていて、尚且つ彼がそれを望んで幸せになれれば
それはそれで悪く無いと思えるんですね。(^o^)

今のところは、御互いに夢中ですがそれで御互いを縛る
ようなことはしたくないなぁ………と勝手に思っています。

彼も自分も御互いに良い歳ですし、ここらで落ち付きたい
って言うのはあるんですよ。



Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 727  【ちょっと、ちょっと!!!】 2002/12/23 03:45 返信する
From:billy URL:http://ronan_jp.tripod.com/index.htm
--------------------------------------------------------------------------------

>>大倉さん

大倉さんは僕のものだと思っていたのに!
元モデル・・・容貌は負けた。
美術史家・・・僕より詳しそう。

ということで、あっさり負けを認めますわ。
僕は「ノルディック複合」でもいいんですけどね。

それはともかく末永くお幸せに。

Male   ゲイ       Chi Chi LaRue
 

# 726  【いいな、ノルディック・マン】 2002/12/23 01:50 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

大倉さん、こんにちは。

なんかすごく良いことがあったようじゃないですか。
美術をやっていて、しかもハンサム・ガイで。
それにノルウェーだったら同性結婚できるから、「寿」も視野に入れられるんじゃない。

僕も24に行って先取りしたかったな、その彼(爆)

とりあえず、おめでとうございます。よいクリスマスを。

Male   ゲイ       クレイ・マヴェリック
 

# 725  【そういえば………】 2002/12/23 00:28 返信する
From:大倉 里司 URL:http://www.globetown.net/~witt/
--------------------------------------------------------------------------------

ココはノルウェー友好サイトでしたね(^^;;

運命の糸を感じます(^^;;

Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 724  【今日の出来事♪】 2002/12/23 00:19 返信する
From:大倉 里司 URL:http://www.globetown.net/~witt/
--------------------------------------------------------------------------------

本日、上野24会館に逝ったのですが、

な………な………何と!新彼登場\(^0^)/

ウレスイ

国籍はノルウエー(珍)
本業は、貿易関係で、副業は美術史家だそうで

これがまた、ハンサムさんなのよん。(*^^*)ポッ<元モデル
日本語も達者なんだけど………負担を掛けたくないんで
英語学習に勤しみまーす。(^^)/~

完璧なノロケ報告でした(^^ゞ




Male   ゲイ       コール・タッカー
 

# 723  【エリー・フォールの『美術史』】 2002/12/18 23:06 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

Billyさん

なんかメッセンジャーだと、掲示板とは違った(掲示板では書けない)話題ばかりになってしまいますね(笑)。

で、こちらの方ですが
>>ジャン・コクトー

失礼しちゃうな。もちろん知ってますよ。小説や詩も読んでるし、画集ももってます(すごくエロティックなやつもね)
淫らって……だって勃起している絵とかファックしているのば多いじゃない。ちゃんと体毛も書いているのがポイント高いですね。

>>この際この掲示板にかき込んでいる人全員招待したい気持ち。(笑)

そうですね。いちおう18歳以上で、メンズ・オンリーですかね。これまでの話題から判断すると(笑)
で、アレは試してみた?

>>ローマ帝国シリーズ
これって単行本もまだ完成してなかったんだ。面白いのはやっぱりカエサルのところ以外では、ネロとかハドリアヌスとかがいる「帝政期」かな。

>>エドマンド・ホワイトって誰ですか?

http://ryota-t.tripod.com/rimbaud/fiction-white.htm

岩波は僕も好きというか、やっぱり岩波文庫があるからね。でも最近はちくま学芸文庫のラインナップが楽しいです。岩波文庫はちくまと比べるとアート系がちょっと弱いような気がしますね。

>>トム。でも彼は包茎なんだよね。まぁ、あれほどの男前なら包茎ぐらいカヴァーできそうですけど。

この文章「掛けてる」?(W

>>Apple Power Bookでトムがあのメーラーを使っている姿が最高にオシャレ

どうせだったらLinuxでviなんかをしこしこ使っていたほうがよい感じなのに。でもトムはいいよね。

>>ミシェル・フーコーの『真理とディスクール(パレーシア講義)』
はレビューを書いたので読んでね。いつもの怒りのレビューだけど。

Amazonはあれでわりと親切なんだけどね。そういえば日本でもユーズドの商品が買えるようになりましたね。またいろいろ買っちゃいそう。

マジメな本ではエリー・フォールの『美術史』(国書刊行会)が気になっています。



Male   ゲイ       エマニュエル・パユ
 

# 722  【明日から温かいらしいですね。ただし平年並み。】 2002/12/16 01:46 返信する
From:billy URL:http://ronan_jp.tripod.com/index.htm
--------------------------------------------------------------------------------

>HODGEさん、

HODGEさんって、フランス人でゲイの小説家・画家のジャン=コクトーって知ってい
ます?こないだコクトーの絵を見る機会があったんですけど、輪郭の線が何とも淫ら
なんですよね。それでやたら最近気になって、気になって。

>>「ロズウェル」は役者は好き(タイプ)なんだけど、ストーリーがつまらなくて。

これってみんな感じていますよね。なんか話をおもしろくしようとしてストーリー展
開がその場しのぎだから、全体としてかなり変な感じになってきていますよね。その
上大して話もおもしろくないし。僕は6回ぐらいでリストラしました。
まぁ、出ている俳優、ブランドン・フェアをはじめとしてトム・ハンクスの息子、コ
リン・ハンクスも個人的には好きなんですけどね。

ちなみに、コリン、父に似なくてよかった。

>>でもそろそろ気分転換でもして。そういえばderekさんてMSNメッセンジャー使って
>>る? 使っていたらこんどお話しましょう。

ちゃっかりHODGEさんも招待ですか。
この際この掲示板にかき込んでいる人全員招待したい気持ち。(笑)
ちなみにぼくのアカウントは上のメールアドレスです。

>>でも塩野七生の「ローマ帝国シリーズ」は早く手をつけたいです。

これ、買うんだったら単行本の方がいいですよ。僕は文庫本を買ったんだけど、第1
期が終わって、2年間ブランクあくんですよね。でも物語が凄くおもしろくなってき
て、単行本を買って読みたくなりますから。なんか単行本と文庫に別れているのって
管理しにくいしなんかいやじゃないですか。だから単行本で読む方がオススメ。

>>エドマンド・ホワイトのプルーストの伝記が翻訳されましたね。しかも出版社が岩
>>波で。ホワイトの作品が岩波から出るなんて思ってもみませんでした。

エドマンド・ホワイトって誰ですか?
最近岩波も頭が柔らかくなって児童文学とかいろいろなもの出版していますよね。あ
そこの出版社って書店が取り寄せたら売れなくても返品が効かないらしく、大型書店
しかたくさん取り寄せることができないらしいですけど、その分格調高いですよね。
アランポーの日本語訳が小林秀雄だったり、僕はこの出版社好きです。後あのピンク
とか白とかの帯もいい。

>>トム・クルーズ。久しぶりにトムを目当てに映画雑誌でも買ってみよう。

いいですよね、トム。でも彼は包茎なんだよね。まぁ、あれほどの男前なら包茎ぐら
いカヴァーできそうですけど。
そういえばメーラーオタクな僕としては、トムがミッションインポッシブルでMaxとの
メール交換に使っていたメーラーが欲しいです!Apple Power Bookでトムがあのメーラ
ーを使っている姿が最高にオシャレ。

>>OZ
>>見たいけど、毎回録画してもらうもの気がひけるしね。

あ、それはかまいませんよ。僕が録画しているのは日曜の早朝2時という凄い時間な
ので、僕もビデオ録画しないといけないんです。他の時間帯にもしているんだけど、
その時は他の番組でチューナーが埋まっていて、裏番組録画はできないのでこの時間
になってしまいます。だから、HODGEさんのためとか大倉さんのためというのではなく、
僕の見終わったヤツを再利用するって感じ?(両者のためにっていった方が好感度UPだ
と思うけどここは正直が一番ということで・・・・・)

>>○○さんにお勧めの商品があります
>>もう、ゲイものばっかり買ってるってバレてる。

僕なんて、アメリカのアマゾンでBelAmiの写真集を数冊買ったんです。そしたら、オ
ススメがすべてBelAmiになってしまって未だに困惑していますよ。だから日本のサイ
トではまじめな本しか買っていません。それにしてもあのオススメ商品とフィードバ
ックって非常に迷惑なんですけど・・・。なんか興味のない本がよくリストアップされて
いるし、なぜこれがオススメって意味不明な事も多々あります。

>>まあ Spike といえばあの巨根とあの射精(量)でしょう(笑)

そうそう。その両手で扱わないとだめな巨根から発射されるシャワーのような精子。
そして、その時のspikeのゆがんだ唇。そこが妙にセクシーなんですよ。体全体から
快感を表現しているようで。

>>えー、僕はこれこそ「証拠」だと思うけど。クールベのような「生々しい女性の絵」
>>は異性愛者の男性ならではじゃないかと思うけどな

たしかに、カラヴァッジョが男性ばかり描いていたら僕もゲイだって自信を持てるん
だけど、女性も描いているでしょ。それもむちゃくちゃ生々しい。ということは、描
く人物すべてが生々しいわけです。だからこの根拠のみでゲイだと言われても、上記
のように考えれば、なんか今一信憑性がないと思ってしまいます。この根拠だとまだ
カラヴァッジョが人間愛にあふれた人物だったとする方が妥当。でも、誰もカラヴァ
ッジョが人間愛にあふれた聖人だと思っていないでしょ。つまりこういう話の展開は
的はずれなんじゃないかと思います。何度も言いますが、僕もゲイだと思うんだけど、
こういう風に説明されたらちょっと違和感を覚えますね。

>>そうそう今ミシェル・フーコーの『真理とディスクール(パレーシア講義)』読ん
>>でます。読んでいると、差別的な「やおい」関係者に対して「パレーシア」を行使
>>する「勇気」がわいてきます。さすがフーコーですね。

これって筑摩から出版されている、小さめの本ですよね、ソフトカバーの。僕ももっ
ているんだけど、まだ読んでいません。もう少ししたら読み出そうかな。それにして
もフーコー自身はSM嫌いにパレーシアを行使してそうですよね。(笑)


>derekさん、

>>先日はメ−ルありがとうございました。

いえいえ、またメール送ったんですが、読んでいらっしゃいます?

>>カラヴァッジオ、ホモ説ですが、まあ、あれは、たしかに根拠があいまいであって、
>>決してその可能性がないわけではないと思います。ミケランジェロの同性愛説も、
>>同様ですよね。

たぶんですねー、ミケランジェロって彫刻家でしょ、元々は。結構男性の像を描くの
って彫刻から描き方を学ばないと無理だと思うんですよ。女性だと華やかさでカバー
出来るけど、男性は無理だから。だからこの主張も反論出来るから、結局言われてい
る画家のゲイ説って個人の感覚に帰するところが多いと思う。

>>「ウィル&グレイス」リストラされたとか・・・

先週見たけど、結構おもしろかったから、今週も見るかも知れません。

>>ボクは逆に「アリ−」アレルギ−なんですよ。CGを異常に駆使した世界がなんだか
>>気持ち悪いし、レギュラ−男性陣はあまり魅力ないし、(今シ−ズンは、男前が登
>>場しましたけどね。)ユ−モアのセンスも楽曲のセンスも、もろ趣味じゃないのです。

僕はバリバリ嵌りましたね。なんか凄いテンションで展開される話は最高です。あと
音楽もそのストーリーに沿っていてデビット・E・ケリーってかなりの音楽ツウだと
思っています。これで知った歌手のCDなんかも購入しましたし。

そういえばジェームズ・レグロスといえば、ERのアンナ・デルアミコの恋人として登
場していましたよね。僕はあちらの方が好きです。アリーの方はちょっとオヤジ入っ
てそうだもん。

>>NHKの深夜放送、「ビバリ−ヒルズ」はもういいから、「ER」1シ−ズンから再放送
>>してくれないかなあ・・・

僕は第1シーズンからビデオもっていますよ。見逃した部分はレンタルしてダビング
してあるから、すべて揃っています。でも3倍と標準で混ざって撮ってあるから、や
っぱり標準にそろえて撮りたいかなと最近思っています。

>>ボクは図書館が近い環境に住んでるので、よっぽど気に入ったものしか買わないの
>>です。

僕はまともな図書館が近くにない地域に住んでいるから憧れてしまうんだけど、図書
館が近くにあるときも購入していましたね。好きな作家だったら購入するのも当然な
んだけど、結構ジャンルとかシリーズものもそろえたくなってしまいます。読まなく
てもなんか買ってしまって、そのあげく読んでいない本が結構たまってしまって。。。

>>ピ−コがTVで、「本は買って自分の所有物として読まないとモノにならない。」
>>といってるのを耳にして、「なるほど、それは一理あるなあ。」と思いましたねえ。

おすピーの言っている事ってあまり信用しないんだけど、この箇所は当たっています
よね。自分が買ったものだと付箋つけまくって印とかつけやすいし。逆に図書館で借
りたヤツに付いているとちょっとむかつきますよね。でもレポートの締め切り間近で
かなり慌てているときに重要なところにアンダーラインが付いているとうれしかった
りして。(笑)

Male   ゲイ       Chi Chi LaRue
 

# 721  【アイボア・ノヴェロ(イーヴァー・ノヴェロ)って】 2002/12/14 00:12 返信する
From:HODGE URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/HODGE/
--------------------------------------------------------------------------------

今日もすごく寒い

>>ゴスフォ−ド・パ−ク
なんか面白そうですね。ストーリーもそうですけど、ちょっとワイルドになったライアン・フィリップが楽しみだったりして。しかも

>>股間に熱いコ−ヒ−をこぼされて悲鳴を上げたとき、横で卒中でも起こしかねないくらい大爆笑

なんてのがあったりして。

>>実は、彼演じるアイボア・ノヴェロは、実在の映画人で、ヒッチコックの「下宿人」という作品にも登場しているようです。

そういえばアイボア・ノヴェロ(イーヴァー・ノヴェロ)はゲイだったんですよね。それでヒッチコックの『下宿人』でもそのことがさらりと「確信的に」触れられているとか。滝本誠『きれいな猟奇』に詳しく書いてあります。
それらしい雰囲気はありませんでした?

>>「ウィル&グレイス
機内放送されるなんて、やっぱり人気あるんですね。
>>グレン・クロ−ズがゲスト
そうそうゲストも見物のようですね。
僕もグレン・クローズは『危険な情事』や『危険な関係』の悪役ぶりばかりが印象に残ってますね。
でも『危険な情事』だとやっぱりアレかな、台所でのH。マイケル・ダグラス、よくあそこまで見せてたよな(笑)

「ロズウェル」は役者は好き(タイプ)なんだけど、ストーリーがつまらなくて。

>>ブランド
僕も、「ジェゼベルの死」「緑は危険」「はなれわざ」の順ですね。「ジェゼベル」がダントツだけど。「はなれわざ」は面白いのですけど、トリックが「それはないだろう」っていう感じで、そこが印象悪いですね。

>>「はなれわざ」が男性的
つうか、カミール・パーリアじゃないけど、「本当に」男性的な人って本なんか読まないんじゃない。「本の虫」を突き飛ばして、ロッカールームから飛び出していくような。もっとも美女もあまり本を読む感じじゃないけど。
まあ、女性作家が書いていて、女性的とか男性的とかは意味ないと思うのだけれでも。多分それって「明るく明朗なのが」男性的で「暗くて不健全が」女性的って言いたいんじゃない……まるで「テクスチュアル・ハラスメント」。

>>バンコクのシ−ロムにあるゲイ・ジムに行ってきました
へえ、バンコクにはそういうのあるんだ。日本より進んでいるね。
>>ボクはその更衣室で、なぜか、友達たくさんできました
言いたいことはわかりました。ごちそうさま(笑)。


Male   ゲイ       ジャン・イブ・ティボーデ
 

Talented Mr.Ripleys (backpage)  /  TOP PAGE  /  はてなダイアリー(稼働中)